安全保障

台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾立法院は大晦日の本会議で、海外の「敵対勢力」による政治的干渉を防止するための「反浸透法」を、賛成多数で可決・成立させた。

台湾では、中国がネットや既存メディアを活用しての情報工作が非常に活発に行われている。

話されている言語が中国語であることから、台湾では中国の浸透工作が非常にやりやすくなっている。

1月11日には、台湾総統選挙に加えて立法委員(国会議員)選挙も行われる。

総統選挙では蔡英文総統の再選は間違いないと考えられているが、立法委員選挙では民進党は意外と苦戦することが予想されている。

選挙前に「反浸透法」成立させることで、選挙に対する工作を幾分でも防ぐ狙いがあるのだろう。

中国の干渉を表に出すことによって、民進党の票固めをしたいという思惑もあるのだろう。

ともあれ、「反浸透法」成立によって中国からの干渉が多少なりともやりにくくなったことは、台湾にとって大きな前進だと考える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191231/k10012233061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_030

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊)

    アメリカ政府は中国の通信機器大手「ファーウェイ」と「ZTE」の…

  3. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  4. 経済

    広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!広東…

  5. 安全保障

    戒厳令を敷くべき! トランプ大統領に求める声が相次ぐ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  6. 外交

    林芳正外相の訪中を肯定! 福田達夫総務会長のありえない考え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)
  2. 経済

    ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)
  4. 経済

    石油価格の低迷は長期化か! 貯蔵所の余裕がなくなる予想!(朝香 豊)
  5. 未分類

    反岸田を主眼にする二階派の動き! 最後は高市総裁誕生へ!(朝香 豊)
PAGE TOP