安全保障

台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾立法院は大晦日の本会議で、海外の「敵対勢力」による政治的干渉を防止するための「反浸透法」を、賛成多数で可決・成立させた。

台湾では、中国がネットや既存メディアを活用しての情報工作が非常に活発に行われている。

話されている言語が中国語であることから、台湾では中国の浸透工作が非常にやりやすくなっている。

1月11日には、台湾総統選挙に加えて立法委員(国会議員)選挙も行われる。

総統選挙では蔡英文総統の再選は間違いないと考えられているが、立法委員選挙では民進党は意外と苦戦することが予想されている。

選挙前に「反浸透法」成立させることで、選挙に対する工作を幾分でも防ぐ狙いがあるのだろう。

中国の干渉を表に出すことによって、民進党の票固めをしたいという思惑もあるのだろう。

ともあれ、「反浸透法」成立によって中国からの干渉が多少なりともやりにくくなったことは、台湾にとって大きな前進だと考える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191231/k10012233061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_030

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!

    「朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは韓米同盟があるせ…

  3. 安全保障

    やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 人権・民主主義

    ギニア政府が国内の中国人全員を拘束! ギニア人を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    王岐山がなぜか北海道訪問へ! 意図は何だ?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)
  5. 道理

    BBCをぶっ壊す! 英ジョンソン首相、受信料廃止を検討!(朝香 豊)
PAGE TOP