安全保障

バイデン政権は全体主義へ! クリントンのアドバイザーも指摘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

1996年のビル・クリントンの大統領選挙のアドバイザーを務めたナオミ・ウルフ氏が、Foxニュースのタッカー・カールソンの番組に登場し、アメリカが徐々に全体主義国家に向かっているとの考えを示した。

彼女は経歴からもわかるリベラル派の人間であり、今回の大統領選挙でもバイデンに投票した人間だが、現在のバイデン政権や民主党のクオモ知事の率いるニューヨーク州の動きには危険なものを感じている。

「ニューヨーク州はビジネスを押しつぶし、憲法修正第一条が保障する礼拝のための自由な集会を禁じ、わたしたちの体の中に侵入している。移動は制限され、違反すれば罰金まで課される。これは憲法修正第四条に違反する。こうした憲法違反行為は続々と続いている」と述べた。

彼女は以前に、独裁者になりそうな人物が民主主義を終わらせたい時に取るであろう10のステップについての本を著したことがある。彼女は現在アメリカが「ステップ10」に向かっていると考えている。「ステップ10」は法の支配の停止であり、アメリカは今この地点に向かっているというのが、彼女の認識である。

独裁者は企業の力と政府の力を統合していくが、これは20世紀の全体主義的なファシズムをまさに特徴づけるものであり、その中でショックと恐怖を植え付けられると、人間は正常な判断ができなくなる。独裁者は緊急命令を発令して、わたしたちの財産権、集会の自由、信仰の自由といった憲法が保障するあらゆる権利を奪い取るのだと、彼女は指摘する。

「これは党派的な問題ではない」「憲法を守るために、右も左も力を合わせるべきだ」「歴史が教えるところでは、まだ小さいうちは戦えるが、大きくなると戦うのが困難になる。そうならないうちに私たちは目覚めるべきだ」と彼女は語った。

さて、ナオミ・ウルフ氏が指摘していることはアメリカだけに限る話だろうか。日本ではマスコミと野党が連動する形なので、アメリカとは違った形にはなっているが、彼らが作り出す非合理な声に政権が妥協することが常に図られる。それによって日本も生きにくい社会にどんどんとはまり込んでいる。そういう意識を持ちながら、彼女の指摘を我々も受け止めるべきではないだろうか。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.foxnews.comの記事
https://www.foxnews.com/media/naomi-wolf-tucker-clinton-adviser-biden-lockdowns
ナオミ・ウルフの画像
https://c.files.bbci.co.uk/C84D/production/_107377215_bdf5d54e-b5e5-48de-8380-b707db26f19f.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

  2. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    アメリカで検問中の警官が射殺される! BLM運動の見直しを!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オク…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    愛知トリエンナーレで、大村知事が河村市長に激怒!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)
  4. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)
  5. 経済

    ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)
PAGE TOP