未分類

横浜市長選挙で菅総理が推す小此木氏が大敗北! 菅おろしは不可避!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

横浜市長選挙は世間の予想通りに立憲民主党や日本共産党が支援した山中竹春氏が、自民党・公明党が推し、菅総理が全面的に支援した小此木八郎氏に圧倒的な差をつけて勝利することが確定した。

菅総理はかつて小此木八郎氏の父親である彦三郎氏の秘書を務めたことが、政界への入口となった。その恩から小此木八郎氏の支援に菅総理は当然にも力を入れた。

だが、菅総理が力を入れてテコ入れをすればするほど、有権者の支持が逃げていくという悲しい現象が発生したようだ。

菅総理にとってさらに悲惨なのは、自分が出馬する衆議院議員選挙神奈川2区(西区、南区、港南区)でさえ、山中氏に勝てなかったと見られていることだ。いかに菅総理の支持率が落ちているかを如実に示したことになる。

国民には緊急事態宣言などで厳しい対応を取り、さらにその延長を繰り返しながら、海外からの日本への入国についてはオリンピック後にさらに緩める処置を取るといった、国民目線からは理解されないコロナ対策を菅総理は続けてきた。公明党を含めた親中派の顔色を窺うようなぶれまくりの対中政策にも、不信感は高まっている。その結果がこの横浜市長選挙に如実に表れたということではないかと思う。

これにより菅おろしが始まるのは必然で、総裁選挙により「勝てる総裁」選びが始まることになる。ここで高市早苗元総務相が新総裁に選ばれれば、流れは大きく変わる。総裁選直前でこの惨敗があったのは、自民党には却って幸いになったとも言えるだろう。

他方、山中氏の勝利は却って立憲民主党や共産党の足を今後引っ張ることになりかねない。

山中氏は「米国立衛生研究所・リサーチフェロー(主任研究員)」だと名乗っていたが、それは経歴詐称であるのはほぼ間違いないと言われている。というのは、彼が早稲田大学政治経済学部を卒業したのは1995年で、その後転入した早稲田大学理工学部数学科を卒業したのが1998年で、2000年に「理工学研究科修了」となっているからだ。つまり、ここで言う「理工学研究科修了」は修士課程でしかなく、博士課程ではない。リサーチフェローになるには博士号が一般に必要となることから、リサーチフェローにはなっていなかったのではないかと推定されるのである。

また、パワハラ疑惑については音声データまですでにネット上に公開されている。私もYouTubeで公開されている音声を耳にした。この音声は取引業者を脅したものだが、そればかりではない。山中氏が2014年に横浜市大に入職してから退職する2021年までの間に、臨床統計学教室の秘書5名、同教室の元部下7名、次世代臨床研究センターの部下4名など合計21名が山中氏の元を去っている。この数は異常だ。さらに気に入らない人材を「干す」ことを勧めるメールも発掘されている。

マスコミはこうした追及を弱めるのだろうが、すでにかなり知られていることでもあり、今後もくすぶり続けるのは間違いないだろう。

ともかく、横浜市長選挙によって自民党の総裁選挙は必然となり、新総裁への交代が不可避となったことを前向きに評価しようではないか。高市総裁が誕生するように、各人が地元選出議員への働きかけを強化することをお願いしたい。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

nhk.or.jpの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210822/k10013216971000.html
横浜市長選挙出口調査結果の画像
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210822/K10013216971_2108221909_2108221954_01_02.jpg
山中竹春氏の画像
https://takeharu-yamanaka.yokohama/img/hero.jpg?0808
小此木八郎氏の画像
https://hachirou.com/wp-content/uploads/2021/07/名称未設定-2-1.png2-1024×576.png
高市早苗氏の画像
https://www.sanae.gr.jp/img/home/img_02.png
菅総理の画像
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/1/1/600m/img_1130b33303b5e03b45fcc30f8d297c10561489.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    蔡英文総統が二期目の就任式! おめでとう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!蔡総…

  2. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武徳…

  4. 未分類

    トランプ当選決定! 中間集計から明らか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 …
  2. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊…
  3. 安全保障

    明らかになるドミニオンのデタラメさ! 選挙法に違反!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    バイデン政権は全体主義へ! クリントンのアドバイザーも指摘!(朝香 豊)
PAGE TOP