安全保障

WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOのテドロス事務局長は、「目隠しされたまま炎と闘うことはできない」、「検査、検査、検査。疑いのある患者全員を検査するよう」勧告していると述べた。

WHOは検査のしすぎが医療崩壊を招いていることは重々承知しているはずだ。

検査を求めて人々が医療機関に殺到して、結果的に医療機関がクラスターになり、感染が爆発的に広がる事態を招いたのが、武漢の教訓だったはずだ。

そしてヨーロッパ諸国も、これと同じ間違いを犯している。

その結果として、医療崩壊も起こっている。

これと対照的な行動をとったのが日本であり、テドロス事務局長はこの日本の取り組みを最終的には認める発言もしていた。

つまりこの「検査、検査、検査」発言が、意図的に間違った方向性に各国の医療を向かわせることを狙ったものだということは、明らかだ。

テドロス事務局長が中国との関係の深いエチオピアの出身で、中国の強いバックアップでWHOの事務局長に就任したのはよく知られた話だ。

この発言は、検査をさせろという不安で世界中を覆いながら、世界経済を破綻させることを意図する中国の思惑に従ったものではないかというのは、十分な推測が成り立つ話だろう。

WHOの背後に中国がいるということを、再度強く認識する必要がある。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3273689?cx_part=top_topstory&cx_position=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  3. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)

    VOA(ボイス・オブ・アメリカ)の報道によると、英国オックスフ…

  2. 安全保障

    政府の「エネルギー基本計画」を変えよう!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  4. 人権・民主主義

    香港、元日に大規模デモ行進を予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  4. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)
PAGE TOP