安全保障

フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)

フィリピンの議員向けの内部報告書に、同国の電力供給網は中国政府の支配下にあり、紛争の際には遮断される可能性があると記されているのが明らかになった。

中国の送電会社の国家電網がフィリピンの送電企業NGCPの株式の40%を保有していることが背景にある。

NGCPはフィリピン全土で電力の送電事業を行っており、フィリピンの家庭の約78%に電力を供給している。

2009年に民営化されたが、その際に中国資本が多額の出資を行ったわけだ。

NGCPのシステムの主要素にアクセスできるのは中国人技術者のみで、理論上は中国政府の指示によって遠隔で動作を停止させることも可能だという。

「中国の最近の行動や覇権主義的な願望を考えると、国家安全保障に対する深刻な懸念だ」と、ある議員は語っている。

フィリピンがこの状態から早く脱してくれることを願うばかりだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のCNNの記事https://www.cnn.co.jp/world/35145970.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  2. 安全保障

    新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    楽天が中国テンセントから出資受け入れ! 容認した日本政府への落胆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!楽天…

  4. 安全保障

    WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    政府はLINE対策を抜本的に強化せよ! LINE側にも問題大!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    北京オリンピックのボイコットを米国務省が提起! 日本は逃げずに賛同せよ!(朝香 …
  4. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    毒を盛られた模様! ロシア反体制の指導者のナワリヌイ氏!(朝香 豊)
PAGE TOP