中国

中国で焚書が進んでいる! こっそりやれとの指示も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国教育部が全国の学校の図書館に対して、共産党やその指導部を中傷していると思われる本や「社会の秩序」に悪影響を及ぼしている本を処分せよという通達を出していることがわかった。

実際にはこうした焚書司令は、学校の図書館だけに限っているわけではないようだ。

中国・甘粛省のある公立図書館は、ウェブサイト上で「違法な本、宗教的な出版物、とりわけ偏見に満ちた本や記事」を処分したと報告した。

中国共産党の見解と対立するような意見の本だけでなく、イスラム教やキリスト教に関わる本も処分されたということのようだ。

騒ぎが大きくなって、地元政府はこの件の調査と関係者の処分を約束した。

だが、地元政府が問題にしたのは焚書行為自体ではなく、「規則に従って処分しなかった」こと、すなわち、こっそりと焚書しなかったことだというのは、忘れるべきではない。

なお、こういう報道がリベラル派のニューズウィークにおって行われるようになったことにも注目したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/post-13596.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英大…

  2. 安全保障

    日米首脳会談は一応評価! ただ、対中政策面では不満!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  5. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
  4. 経済

    中国人100人が合計で1.1兆米ドルの預け入れ! スイスのUBS銀行!(朝香 豊…
  5. 道理

    毛沢東は台湾独立を支持していた! これはプロパガンダ戦に利用すべき!(朝香 豊)…
PAGE TOP