安全保障

中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米下院共和党の院内総務(共和党のトップ)であるケビン・マッカーシー議員は、中国共産党の女スパイの情報収集に協力したと報じられている民主党のエリック・スウォルウェル下院議員について、下院の諜報委員会から追放すべきだと強く主張した。

この女スパイは中国国家安全部所属のクリスティーン・ファングで、2011年から5年間に複数の議員や市長と性的な関係を持つなどして情報収集を行っていた。

スウォルウェル議員ともカルフォルニア市議時代に接近し、彼との性的関係を持った上で下院議員に当選するように選挙活動の資金集めなどを通じて支えたとされる。

だが、FBIの捜査対象であることが判明してから、彼女は中国に逃亡した。

これに対してナンシー・ペロシ米下院民主党院内総務は、共和党は自分たちの議員団の中にQアノン本人がいるという不都合な事実から人々の意識をそらすために、この問題を焚きつけているだけだとして逆に共和党側を非難してみせ、「スウォルウェル議員については何の心配もしていない」と彼については完全に擁護した。

スウォルウェル議員本人もCNNの番組に出演して、トランプ批判を続ける自分に対する中傷だとほのめかした。

だが、彼がこの女スパイと深い関係にあったのは事実であり、実際中国に対して甘い姿勢を持ってきた。

例えば、最近ラトクリフ国家情報長官が中国のスパイ活動に関する警告を頻繁に行っているが、このラトクリフ国家情報長官を批判していた議員はスウォルウェル議員くらいである。

なぜ今でも親中派から離脱できないのだろうか。

さらに問題なのは、スウォルウェル議員は下院の諜報委員会に所属し、国家の機微な情報に接しうる機会が多いことである。

諜報委員会からの追放は当然であり、むしろ議員としては追放すべきではないのか。

そしてこんなことは共和党側にわざわざ指摘されるまでもなく、民主党自身で決着をつけるべき問題なのではないか。

ここまで発覚しながら甘い対応を続けるところに、米民主党の闇が見える。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/11/pelosi-defends-swalwell-after-his-ties-to-alleged-chinese-spy-are-revealed/
スウォルウェル議員と女スパイのファングの引用画像
https://i.ytimg.com/vi/gF_UBfdxXlc/maxresdefault.jpg
ケビン・マッカーシー共和党下院院内総務の引用画像
https://fm.cnbc.com/applications/cnbc.com/resources/img/editorial/2018/04/17/105138050-GettyImages-918198526.jpg?v=1568034453
ナンシー・ペロシ民主党下院院内総務の引用画像
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/9/-/img_b964376f5ed3c385176ada9017da3252136504.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    WHOが新型コロナウイルスの感染力を過小評価! スウェーデンの研究者グループ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スウ…

  3. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海…

  4. 道理

    関電問題の闇 元助役の森山栄治氏は大の人権活動家だった!(朝香 豊)

    今回の関西電力問題の鍵となる元高浜町助役の森山栄治氏については…

  5. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  6. 人権・民主主義

    同一署名の郵便投票が2000通以上! ウィスコンシン州で発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!不正…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)
PAGE TOP