安全保障

トランプ政権もテキサス州の訴訟に参加! 加速化する情勢変化!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

テキサス州がウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルバニア州、ジョージア州の4つの州を訴えた。

この4つの州ではコロナを理由として行政側の一存で選挙規定を変更しているが、議会が定めた州の選挙法の規定に違反していることが問題視されている。州ごとに違いはあるが、例えば消印のない郵便投票でも合法扱いにするとか、投票日を過ぎて到着した郵便投票でも合法扱いにするとかといった規定は常識的に考えてもありえないくらいおかしなものだが、こうしたものが州議会の審議にもかけられずに行政側の一存で決定されている。もともと規定された選挙法に違反したことを認めたことで、州をまたいだ大統領選挙の信頼性を失わせているが、それは甚だ迷惑である。連邦最高裁にはこれら4つの州が合衆国憲法に違反した形で今回の選挙を実施したと宣言してもらいたい。これがテキサス州の主張だ。

この訴訟には、ルイジアナ州、アーカンソー州、アラバマ州、フロリダ州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州がテキサス州の主張に同意してテキサス州側に加わる見通しとなり、さらに続く州もあるのではないかと見られている。(その後参加する州が増えて、日本時間12月10日午前9時段階で、テキサス州を含めて全部で19の州が参加を決めた。)

そしてこの訴訟にトランプ政権もテキサス州側に加わる意思を示した。

現在この裁判は連邦最高裁が被告の4つの州に12月10日の午後3時までに回答を行うように求めている段階だ。こうした回答を見た上で、最高裁は審理を開始すべきかどうかを判断することになる。つまり、まだ最高裁での審理開始が決定されたわけではない。

それでも、ここまで多くの州から訴えられていることについて連邦最高裁が最終的に扱わないという決定をすることは考えにくい。この点からすれば、この訴訟が大統領選挙の流れを変える可能性は高いと言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/09/trump-administration-will-join-texas-scotus-election-case/
Flickrからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)

    チェコ共和国首都のプラハ市は、中国の北京市との「姉妹都市」関係…

  3. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自衛…

  4. 安全保障

    まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)

    中国政府は政策白書を公表した。この中には、共産党の統一…

  5. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)…
  3. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(…
  4. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
  5. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
PAGE TOP