安全保障

トランプ政権もテキサス州の訴訟に参加! 加速化する情勢変化!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

テキサス州がウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルバニア州、ジョージア州の4つの州を訴えた。

この4つの州ではコロナを理由として行政側の一存で選挙規定を変更しているが、議会が定めた州の選挙法の規定に違反していることが問題視されている。州ごとに違いはあるが、例えば消印のない郵便投票でも合法扱いにするとか、投票日を過ぎて到着した郵便投票でも合法扱いにするとかといった規定は常識的に考えてもありえないくらいおかしなものだが、こうしたものが州議会の審議にもかけられずに行政側の一存で決定されている。もともと規定された選挙法に違反したことを認めたことで、州をまたいだ大統領選挙の信頼性を失わせているが、それは甚だ迷惑である。連邦最高裁にはこれら4つの州が合衆国憲法に違反した形で今回の選挙を実施したと宣言してもらいたい。これがテキサス州の主張だ。

この訴訟には、ルイジアナ州、アーカンソー州、アラバマ州、フロリダ州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州がテキサス州の主張に同意してテキサス州側に加わる見通しとなり、さらに続く州もあるのではないかと見られている。(その後参加する州が増えて、日本時間12月10日午前9時段階で、テキサス州を含めて全部で19の州が参加を決めた。)

そしてこの訴訟にトランプ政権もテキサス州側に加わる意思を示した。

現在この裁判は連邦最高裁が被告の4つの州に12月10日の午後3時までに回答を行うように求めている段階だ。こうした回答を見た上で、最高裁は審理を開始すべきかどうかを判断することになる。つまり、まだ最高裁での審理開始が決定されたわけではない。

それでも、ここまで多くの州から訴えられていることについて連邦最高裁が最終的に扱わないという決定をすることは考えにくい。この点からすれば、この訴訟が大統領選挙の流れを変える可能性は高いと言えるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/09/trump-administration-will-join-texas-scotus-election-case/
Flickrからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)

    スペインの最高裁は、かつての反共の闘志で1975年に亡くなった…

  3. 道理

    これはひどすぎる! 立民・共産・社民・令新による野党共通政策の提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!立憲…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  3. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    武漢発新型肺炎で、WHOがまさかの緊急事態宣言見送り! 中国の影響力のためか?(…
  5. 安全保障

    日本は2030年までにCO2を50%減らせだって! 中国は2030年まで増やすん…
PAGE TOP