安全保障

コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2020年7月に、政府は2019年の出生数が90万人を初めて割り込み86.5万人になった事実を「86万ショック」と呼ぶべきだと警鐘を鳴らした。しかし、新型コロナウイルス騒動はこの少子化に拍車を掛けている。

2020年の1月から4月までの出生数は、前年の2019年とほぼ変わらない動きをしていた。それが2020年の5月に突然大きく崩れ、前年同月比マイナス17.6%となった。その後も前年よりも出生数が低い状態が続いている。妊娠後期になりながら、精神的な不安定さから流産をしてしまった人たちが多いのではと推測する。この点については産婦人科医の話をぜひとも聞いてみたい。(但し私が確認できたのは10月まで)

2019年と2020年の月別出生数のグラフ

2019年と2020年の月別出生数のグラフ

私がむしろ心配するのは今後である。つまり、受精から出産までの間に大きなタイムラグがある中で、コロナ騒動が拡大して以降に子作りしようと思う若いカップルがどの程度いたのかという点だ。

妊娠中に感染した場合に胎児への影響を心配する人もいるだろうし、妊娠・出産段階で自分の命を危険にさらすリスクも気になる人もいるだろう。経済的な不安定さに直面すれば、子育てに必要なお金の心配も当然することになる。

2019年の出生数が90万人を割り込んだのがショックだとしていたのに、早くも2021年の出生数が80万人を切る可能性まで出てきた。

現実のリスクをはるかに超える形でコロナ騒動を繰り広げてきたことのツケは大きいと私は思っている。 
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

business.nikkei.comの記事
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00122/00105/?P=1
新生児の画像
https://pixabay.com/ja/photos/赤ちゃん-誕生-健常児-子-1531060/
出生率のグラフ
https://cdn-business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00122/00105/g1.jpg?__scale=w:500,h:257&_sh=0a7000a007

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩後退だ!

    東京オリンピックでの旭日旗の使用禁止を韓国政府が要求しているこ…

  4. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
  2. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
PAGE TOP