安全保障

コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2020年7月に、政府は2019年の出生数が90万人を初めて割り込み86.5万人になった事実を「86万ショック」と呼ぶべきだと警鐘を鳴らした。しかし、新型コロナウイルス騒動はこの少子化に拍車を掛けている。

2020年の1月から4月までの出生数は、前年の2019年とほぼ変わらない動きをしていた。それが2020年の5月に突然大きく崩れ、前年同月比マイナス17.6%となった。その後も前年よりも出生数が低い状態が続いている。妊娠後期になりながら、精神的な不安定さから流産をしてしまった人たちが多いのではと推測する。この点については産婦人科医の話をぜひとも聞いてみたい。(但し私が確認できたのは10月まで)

2019年と2020年の月別出生数のグラフ

2019年と2020年の月別出生数のグラフ

私がむしろ心配するのは今後である。つまり、受精から出産までの間に大きなタイムラグがある中で、コロナ騒動が拡大して以降に子作りしようと思う若いカップルがどの程度いたのかという点だ。

妊娠中に感染した場合に胎児への影響を心配する人もいるだろうし、妊娠・出産段階で自分の命を危険にさらすリスクも気になる人もいるだろう。経済的な不安定さに直面すれば、子育てに必要なお金の心配も当然することになる。

2019年の出生数が90万人を割り込んだのがショックだとしていたのに、早くも2021年の出生数が80万人を切る可能性まで出てきた。

現実のリスクをはるかに超える形でコロナ騒動を繰り広げてきたことのツケは大きいと私は思っている。 
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

business.nikkei.comの記事
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00122/00105/?P=1
新生児の画像
https://pixabay.com/ja/photos/赤ちゃん-誕生-健常児-子-1531060/
出生率のグラフ
https://cdn-business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00122/00105/g1.jpg?__scale=w:500,h:257&_sh=0a7000a007

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!

    原田環境相兼原子力防災担当相は10日の記者会見で、福島原発の処…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)

    フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は、次世代通信規格「…

  3. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  4. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

  5. 安全保障

    ニューヨーク州も非常事態宣言! これでもパンデミックではないの? WHO!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  2. 経済

    アメリカで失業率32%になりうるとFRBが推計! 大恐慌時を超える!(朝香 豊)…
  3. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)
PAGE TOP