道理

韓国の高校教科書の偏向ぶりがすごい! 自国の成立すら左翼偏向!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国で使われている歴史教科書は8種類ある。

このうち、北朝鮮の魚雷による「韓国海軍哨戒艦『天安』爆破・沈没事件」について、きちんと記述した教科書は2種類のみだ。

8種類の教科書の平均で見ると、「漢江の奇跡」など大韓民国の経済発展の様子に言及されている分量は、教科書の現代史の部分の5%に過ぎない一方で、「四月革命」「光州事件」「六月民主抗争」などの、親北勢力が起こした「民主化運動」については19%の記述になっている。

現在の文在寅政権の樹立につながる「ろうそくデモ」や「4・27南北首脳会談」についても、これらの教科書は詳細な記述になっているという。

極めつけは、自分たちの国である大韓民国の設立に関する記述だ。

6種類が、大韓民国建国を単なる「政府樹立」と記述する一方で、北朝鮮については「朝鮮民主主義人民共和国樹立」と記載しているというのだ。

いったいどこの国の教科書なんだ?

さらに、国連は韓国を朝鮮半島で唯一合法的な政府だと認めたのが歴史的な事実だが、8種類の教科書は揃いも揃って「38線以南で樹立された唯一の合法政府」との記述をし、あたかも北朝鮮も国連から合法政府のお墨付きを同時に得たかのような誤解を与える記述をしている。

北朝鮮からの侵略によって始まったことが明らかになっている朝鮮戦争についても、「南北共同責任」として記述している。

韓国のアカデミズムは日本以上に左翼偏向が激しいのが実際だ。

教科書の執筆者、教科書検定審議委員会のメンバーも、みんな左翼に牛耳られてしまったと、朝鮮日報は報じている。

事実誤認について、以前は修正事項を「指示」していたが、今では「勧告」はできても「指示」ができなくなったので、どれだけ偏向した教科書を作っても、阻むすべがなくなったそうだ。

韓国の反日の異常さの根源には、ここまで進んだ教育の左翼偏向にあることも見逃すべきではないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/16/2019121680013.html
画像はNEWSポストセブンの記事から
https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/kankoku_kyoukasho_image.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)

    ベトナム戦争の時に韓国軍が民間人虐殺を行ったとされる問題では、…

  2. 経済

    8月の訪日韓国人客が昨年比48%減と、朝日新聞が大々的に取り上げる! (朝香 豊)

    確かに朝日新聞が大々的に取り上げた通り、8月の韓国からの訪日観…

  3. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  4. 人権・民主主義

    ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

    ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが、旭日旗を巡って韓国人…

  5. 道理

    一般の報道よりも闇が深い! テレビ朝日「五輪打ち上げ」事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テレ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)
  4. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?
PAGE TOP