安全保障

世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の国連組織への浸透工作がどんどん進んでいる。

3月には、世界知的所有権機関(WIPO)の事務局長が選出されるが、このポストを中国人が占められるように、中国は徹底したロビー活動を行っている。

そしてどうやら現在の情勢では、中国人が選出される可能性が極めて高いようだ。

ちなみに、WIPOの事務局長の就任期間は長く、現在のフランシス・ガリ事務局長は、2008年からずっとこの地位を占めている。

知的所有権・知的財産権に対して最も無頓着なだけでなく、その侵害を国家を挙げて推し進めている国が、これを守るべき世界機関の事務局長に就任しそうだというのは、最大の喜劇でもあり、最大の悲劇でもある。

今回初めて知ったが、中国人の候補となっているWang Binying氏は、同組織の4人の事務局次長のうちの1人だそうだ。

なんと、既にWIPOの主要メンバーの中に中国人が入っていたのだ。

それだけでも恐ろしい話だ。

トム・コットン、チャールズ・シューマーの両上院議員は、この危機をトランプ大統領に訴えている。

国際民間航空機関(ICAO)の代表を中国が務めるようになって、台湾は年次会合から排除された。

国際電気通信連合(ITU)の代表を中国が務めるようになって、ITUは中国の一帯一路構想に協力姿勢を見せ、ファーウェイを擁護する動きを示すなど、中国に肩入れする政策を進めた。

国連の経済社会局(DESA)の代表を中国が務めるようになって、DESAも一帯一路構想を推進する側に立ち、ビッグデータのリサーチセンターを中国国内に建設させている。

国連機関を次々と乗っ取ることで、国連を中国の国益のために使おうとする動きに対する警戒感は、我々は持っていないといけないだろう。

なんとしてでもWIPOの事務局長を中国に取られないように、日本はアメリカなどと緊密に連携を取るべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のワシントンポストの記事
https://www.washingtonpost.com/opinions/global-opinions/putting-china-in-charge-of-the-worlds-intellectual-property-is-a-bad-idea/2020/01/30/51c1b688-43a6-11ea-aa6a-083d01b3ed18_story.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ゴー…

  3. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    香港デモ、80万人! 日本政府は意見表明を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします香港で…

  5. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

  6. 経済

    韓国経済にデフレの波! 文政権ピンチ!(朝香 豊)

    韓国経済にデフレの浪が襲っている。国民の貧困化→販売不…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    何が問題なの? 室蘭市の小学校の教頭が、韓国批判のネット書き込みを問題視される!…
  4. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    中国が独裁国家でなかったら、新型コロナの事態は違った! ノーベル賞作家が指摘!(…
PAGE TOP