経済

欧州中央銀行のドラギ総裁が、積極財政に言及!(朝香 豊)

欧州中央銀行のドラギ総裁は、MMTのような新しい考えを検討すべきだとし、これまで否定されることの多かった政府主導の積極的な財政政策の検討を促す発言をおこなった。

伝統的に中央銀行は市中銀行を相手にするだけで、政府や民間に直接関わるようなことはしてこなかったが、この点での修正があってよいとする、かなり思い切った踏み込みを行った。

どこにどのくらいの資金を回していくべきかという具体的な内容は、金融当局の仕事というよりも財政当局の仕事だということを示した。

ドラギ総裁が従来路線を抜本修正する発言を行ったのは、マイナス金利政策を深堀りしても実体経済を引き上げる力がなかなか出てこないという現実から逃れられなかったからだと思われる。

ヨーロッパでは、あの破綻国家ギリシャの短期国債でさえマイナス金利になっているのが実際だ。

今後EUでは、緊縮財政を各国に求める従来の路線から脱却し、積極財政を前提としながら、認められる財政政策のあり方についてのコンセンサス作りに議論が移っていくものと思われる。

ソースとなったブルームバーグの記事https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-09-23/draghi-says-ecb-should-examine-new-ideas-like-mmt

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

  2. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!肖建…

  4. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  5. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

    ドイツ政府は、EUの厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」を…

  6. 経済

    韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
  5. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(…
PAGE TOP