人権・民主主義

過剰防衛に走る、中国の建国70周年軍事パレード 厳戒態勢!  (朝香 豊)

10月1日に予定されている中国の建国70周年の軍事パレードは、第2次世界大戦終戦70周年記念で行われた2015年の軍事パレードより大規模なものが予定されている。

すでに軍事パレードの予行演習が毎週末行われており、予行演習のたびに天安門広場の北側を走る長安街は十数キロにわたって通行止めにされている。

中国政府は長安街が見える住宅への立ち入りを禁止し、こういう場所に支局を構える外国メディアにも、週末はオフィスへの立ち入りを禁止した。

軍事パレードの行進場所から7キロも離れたオフィスでも、軍事パレードに備えて、窓ガラスがくもりガラスに変更させられている。

こうした過剰防衛ぶりに、習近平政権がいかに国内の状況に危機感を募らせているかが透けて見える。

香港の民主化の動きを鎮圧したいけれども、金融・貿易で中国の命綱になっている香港を潰すことは、一種の自殺行為だ。

だが、香港をこのまま放置することはメンツの観点だけではなく、高まっている国内の不満勢力の暴発を引き起こすことになりかねない。

そしてそういう不満の爆発を建国70周年の記念式典にぶつければ、習近平政権をぐらつかせるのに大きな効果を持つ。これを習近平は恐れているのだろう。

しかも敵は民主化運動派だけでなく、習近平によって煮え湯を飲まされてきた、中国共産党内の反習近平派もなのだ。

中国共産党体制は一見ものすごく強力に見えつつ、内実はかなり崩れていると見るべきである。

これに関する日経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

    香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香…

  2. 人権・民主主義

    主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  3. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!運命…

  4. 人権・民主主義

    語られない熱海の土石流の原因! 背後に同和あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大き…

  5. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指…
  4. 道理

    韓国の格安航空会社が経営危機に!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)
PAGE TOP