安全保障

新型コロナの中国起源説を否定! 中国外務省がプロパガンダ戦へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスが中国で発生したことについて、中国政府は「中国に被害を与えようとする別の意図がある」との立場から、「断固反対する」と表明した。

中国外務省の趙立堅副報道局長は、「根拠もなく、新型コロナウイルスを『中国ウイルス』と勝手に呼ぶことは、中国に伝染病生産国という汚名を着せようとするものだ」と反発した。

趙副報道局長はウイルスの中国起源論を「情報ウイルス」「政治ウイルス」だとし、ウイルスの起源については「結論は出ていない」とした。

中国国営の新華社通信は、「新型コロナウイルスが、米国、イタリアなどアジアとは関連がない国でも発生している」とし、「ウイルスの起源が他国である可能性」を指摘する。

中国が中国起源論に対してここまで否定的であるのは、それが容易に責任論と結びつくと考えているからだ。

北京日報は、「米国を起源とし、欧州で数多くの犠牲者を出したスペイン風邪について、米国も謝罪していない。我々が謝罪しなければならない根拠はない」と報じている。

12月の終わりには、このウイルスがSARS系のもので、重篤な呼吸器疾患をもたらすだけでなく、人から人へ感染する重大なものであることを、武漢市政府だけでなく、中国の中央政府も知っていたことが明らかになっている。

その上で何らの防御処置をも迅速には取らなかったために、世界にこれだけの災厄をもたらした。

12月末の段階で、遅くとも1月初旬の段階で、しっかりとした情報公開をし、必要な対策を取っていれば、ここまでの広がりは起きえなかったであろう。

自分たちの不作為については頬かむりをしながら、責任逃れに終始する姿勢はあまりに見苦しい。

今回のウイルスが世界中にもたらした被害について、中国政府は損害賠償を負うべきである。

ただ、もう一方で、国を守るために必死に主張する中国のあり方には、日本政府も学んでもらいたいと思う気持ちもある。

彼らにはプロパガンダ戦を戦わなければいけないという意識が根底にあり、日本にはプロパガンダ戦を戦うような恥ずかしい真似はしたくないという意識が根底にある。

世界標準は、残念ながら中国の方だ。

日本政府の意識改革はなんとしてもやってもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/05/2020030580070.html
画像は産経新聞の記事から
https://www.sankei.com/world/photos/200303/wor2003030025-p1.html
https://www.sankei.com/images/news/200303/wor2003030025-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)

    中国の習近平総書記は昨年1月に演説を行い、共産党内部の反対勢力…

  2. 安全保障

    コロナを気にせず、学校を再開せよ! 米CDCが提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

    仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島と…

  4. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 未分類

    横浜市長選挙で菅総理が推す小此木氏が大敗北! 菅おろしは不可避!(朝香 豊)
  2. 未分類

    EUなどと不必要な摩擦! 自滅に向かう中国!(朝香豊)
  3. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)
  4. 道理

    「研究所起源説」を「陰謀論」としたのは仕組まれたもの! リンゼー・グラハム上院議…
  5. 人権・民主主義

    トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)
PAGE TOP