外交

韓国が日本の対韓輸出規制の「不当性」を専門家会合で指摘! 日本はどう反応したのか? (朝香 豊)

通常兵器や関連技術の輸出管理を目的にする国際枠組みであるワッセナー協約の専門家会合において、韓国は日本の対韓輸出規制の不当性を指摘し、国際社会の関心を促したと、韓国の聯合ニュースが伝えた。

韓国政府は今後もワッセナー協約など四つの輸出管理に関する国際枠組みを中心に日本側の措置の問題点に対する加盟国の理解を高め、共感を得ることに注力する方針だという。

ワッセナー協約違反を行なっている韓国が、ワッセナー協約の会合で日本を非難するというのは、ギャグに近いものを感じるが、だが笑ってばかりはいられない。

この件に関して日本側がどう対応したかのニュースが、全然上がってこないからだ。

つまり国際的には、韓国側の主張だけが宣伝されるだけになり、「日本が韓国に何かひどいことをしたんだろうな」という印象が植え付けられるようになっているからだ。

日本政府は今後は韓国に反論していくと言っていたが、まったく意識が足りないことがこの1件でもわかる。

そもそもワッセナー協約の専門家会合が開かれたことを、韓国の報道を通じて初めて知ることになったというのが異常だろう。

ワッセナー協約の専門家会合が開かれれば、日本は当然韓国の不当性を主張しているはずだ。

韓国の出方がどうであろうと関係なく、日本がこの会合で韓国の不当性をどのように説明したのかを、きちっと報道ベースにあげて、「韓国ってひどい国だなあ」という印象が国際的に広がるようにしておかなければならなかった。

これが相変わらずできていない日本政府には、当然反省を求めたい。

これの元ネタの聯合ニュースの記事https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190929000600882?section=japan-relationship/index

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 外交

    機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  5. 外交

    イラン、地下核施設でウラン濃縮! IAEA査察官を一時拘束し、欧州まで敵に回し始める!(朝香 豊)

    イランが核合意で禁じられた地下核施設でのウラン濃縮に着手し、核…

  6. 外交

    グレタさんを支える環境団体のバックに中国政府?(朝香 豊)

    国連で怒りのスピーチを行った16歳の環境活動家グレタさんの登壇…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ペンシルバニアでもバイデンが逆転! 60万票差が消える不思議!(朝香 豊)
  2. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)
  3. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)
  4. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している
  5. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)
PAGE TOP