安全保障

まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)

中国政府は政策白書を公表した。

この中には、共産党の統一された堅固な指導がなければ中国は分裂・解体するとの記述もある。

白書はまた、中国は中核的利益を「トレード」することは決してせず、安全保障や主権の侵害で譲歩しないと強調した。

なお、「中国は自国の発展モデルを『輸出』することは目指さず、他国のモデルを『輸入』することも望まない。『覇権』ではなく、平和のみを求める」とし、中国人には「他国に侵攻し世界を支配するような遺伝子はない。近代では中国は列強からのいじめに苦しみ、戦争や混乱による苦難を深く心に刻んだ。過去に受けた苦難を他の民族に押しつけることはない」との記述もある。

こんな記述を行っても、今なお信じる人がいるのだろうかという疑問を持たずにはいられないが…。

ソースとなったロイターの記事https://jp.reuters.com/article/china-anniversary-politics-idJPKBN1WC0K9

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

  2. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  3. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊)

    アメリカはギリシャ北部のアレクサンドルーポリ港の民営化に積極的…

  4. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  5. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  6. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊)

    羽田空港では、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  3. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(…
  4. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)
PAGE TOP