人権・民主主義

中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!(朝香 豊)

香港親中派勢力の重鎮の劉兆佳氏は産経新聞の取材に応じ、香港に国家分裂や反乱の扇動、政権転覆などを禁じる法律を制定するため、中国自らが乗り出すこととなったことを指摘した。

つまり中国本土で法律を作り、それを香港にそのまま押し付けるという考えだ。

10月下旬に行われた、中国共産党の第19期中央委員会第4回総会(4中総会)で、中国当局が主導的に香港問題に関与していく方針が決まった。

こうした法律が香港に制定されていれば、一連の抗議活動は全て犯罪になり、有効に取り締まることができたと、中国側は考えている。

だがそれは、香港の立法権を侵害することでもあり、まさに一国二制度の「二制度」を完全に否定するものとなっている。

中国としては、英領時代にMI6などが反英分子の摘発に当たっていたのと同じことをやるのだという建前で、「情報機関」という名の秘密警察による摘発を進めることも考えているようだ。

香港にとっては、まさに暗黒である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191121/wor1911210028-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

  2. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)

    中国で白血病を患う6歳の男児が、わずか2週間待ちで肺移植手術を…

  3. 人権・民主主義

    韓国公務員が北朝鮮軍に銃撃・焼却される! 謎の沈黙を続けた文在寅!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

  5. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?

    英国は香港市民に英国の永住権を認めるのだろうか。英…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    コロナ騒動の中でも、ベネズエラに揺さぶりをかけるアメリカ! (朝香 豊)
  2. 道理

    経産省、韓国の「遺憾の意」を完全否定!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  4. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 …
  5. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)
PAGE TOP