人権・民主主義

4野党が謝罪と撤回を求める! 「共産党」に関する安倍総理の答弁!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

安倍総理は、日本共産党が破壊活動防止法の調査対象団体となっている理由について、「昭和26年から28年ごろにかけて、党組織や党員が殺人などの暴力主義的破壊活動を行った疑いがあり、現在も暴力革命の方針に変更はないと認識している」と答弁した。

これに対して、共産党や立憲民主党など野党4党は、安倍総理大臣の答弁は事実と異なり、公党に対する侮辱にあたるとして、謝罪と撤回を要求した。

だが、資本主義社会の中で議会制民主主義を前提として、徐々に社会改良を行うことで社会主義に到達していくという社会民主主義の考え方を、日本共産党は強く批判してきたことを忘れるべきではない。

ブルジョワジー(資本家)の権力を否定するには、プロレタリア独裁と呼ばれる労働者階級の権力が必要になり、これによってブルジョワジーの権力を制限することが、社会主義建設のためには必要になるという立場に立ってきた。

この「プロレタリア独裁」とか「労働者階級の権力」という言葉は、現在では「社会主義を目指す権力」という言葉に置き換えられているが、日本共産党が社会民主主義を否定する立場を改めたという歴史はないはずだ。

今なお、マルクス・レーニン主義の政党であり、この立場を堅持していることを誇りにし、社会民主主義を否定する立場を誤りだったと自己批判していない以上、安倍総理の指摘は間違っているとは言えない。

マルクスの唱えたプロレタリア独裁の理論に対して、日本共産党が徹底的な批判をしているという話は聞いたことがない。

謀略的な革命論を展開して政権を奪取したレーニンに対して、日本共産党が徹底的な批判をしているという話も聞いたことがない。

イタリア共産党は社会民主主義政党に脱皮する際に、党名変更を行って「共産党」の看板をおろした。

もし日本共産党が社会民主主義政党に脱皮したのであれば、過去の社会民主主義政党に対する批判をきちんと自己批判し、マルクス・レーニン主義の旗を降ろし、「共産党」という党名を変更しなければならない。

謝罪と撤回を求める前に、こうした手続きはきちんと取るべきではないのか。

これを行わない間は、暴力革命を捨ててはいないと判断されても、仕方ないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200214/k10012285391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  2. 人権・民主主義

    緊急時放送システムを利用する! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

  3. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!

    日本政府はこういう馬鹿げた話にもきちんと反論しようね。…

  4. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  5. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    経済同友会が参院に「独立財政機関」の設置を求める! 足を引っ張るのはやめてくれ!…
  2. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(…
  3. 経済

    新型コロナウイルスで潰れる韓国経済!(朝香 豊)
  4. 経済

    アルゼンチンがまたデフォルト! 新興国危機のラッシュか?(朝香 豊)
  5. 道理

    BBCをぶっ壊す! 英ジョンソン首相、受信料廃止を検討!(朝香 豊)
PAGE TOP