人権・民主主義

民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Twitterがトランプ大統領のツイートに「根拠なし」の注意喚起のラベルを貼り、これに対してトランプ大統領は「Twitterは言論の自由を抑圧している」と反論する事態が発生した。

トランプ大統領は、フェイクニュースで知られるCNNやワシントン・ポストによるファクトチェックなど当てになるかと、Twitterと全面対決の姿勢を見せている。

さて、私は以前にTwitterが新しい取締役として、名高いAI研究者であるFei-Fei Li氏を迎えたことを紹介したが、トランプ大統領に対するTwitterの処置とこれとは、深い関係があることが疑われる。

というのは、Li氏はGoogle副社長を務めていたこともある中華系の才女で、Googleが北京にAI研究所を開設するのにも尽力した人だからだ。

アメリカ国防総省が動画認識にAIを利用するプロジェクトを立ち上げた際に、Googleに対して協力の要請があったが、これに彼女は反対論を唱えた。

ドローンが自動的に画像認識して標的を攻撃できるようにするのは人道に反するとの主張だった。

彼女は中国共産党の「千人計画」に関わっているとされ、この彼女の主張が北京政府の意を汲んだものである可能性は拭いきれない。

Twitterはアメリカ大統領選挙などに関わる「ニセ情報」を取り締まるのにAIを活用しようと考えていたとされ、AI研究者であるLi氏の招聘がこのことと関わっているのではないかとの推定は、極めて自然なものだ。

しかも、ツイッター社の怪しい動きは、トランプ大統領だけをターゲットにしているわけではない。

Mediaiteというインターネットメディアがあるが、このMediaiteの記者であるルーディー・タカラ氏の公式認証マークを、Twitterが取り上げたことが明らかになった。

この認証マークは、著名人などを名乗るアカウントが当人のものであることをTwitterが確認したことを示すもので、Twitterを利用する人たちの中で影響力があると認められると発行されるようだ。

では、なぜタカラ氏の公式認証マークをTwitterは取り上げたのか。

オバマ政権がジャーナリストたちのスパイ行為を行っていたとのコラムを彼がMediaiteの記事として上げた後に、この件をTwitterでツイートしたからだと見られている。

というのは、このツイートから1時間後に認証マークが消去されていたことにタカラ氏は気づいたからだ。

タカラ氏がMediaiteに上げた記事は、元CBSニュースのレポーターだったアトキソン氏について取り上げたものだった。

アトキソン氏は自分のパソコンがオバマ政権下の法務省によってスパイされていて、その行為を命じたのは連邦検事だったローゼンスタイン氏だったとの内部告発があったと主張している。

なお、アトキソン氏は、オバマ政権が行った不法な武器の密売や、リビアのベンガジで起きた米領事館襲撃事件の隠蔽工作などの調査を進めていたことで知られる。

タカラ氏以外にもTwitterの認証マークが消去された人はいる。

ポッドキャストを提供しているジョシュ・レカチ氏は共和党の下院議会に立候補を予定しているローラ・ルーマー氏をインタビューした翌日に、認証マークが消された。

保守系のアプリ開発者のドリアノ・カルタ氏も、自分の認証マークが消去されたことを公表した。

こうしたことがTwitterでは相次いでいる。

日本でもモリカケとか検察庁法改正などで「リベラル」派の謀略が相次いでいるが、アメリカでも同様の謀略が様々に進んでいる可能性は高い。

「リベラル」派に対する警戒心を緩めてはならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Hillの記事
https://thehill.com/regulation/court-battles/477783-journalist-alleging-obama-administration-spied-on-her-seeks-to
ネタ元のBreitbartの記事
https://www.breitbart.com/tech/2020/05/25/twitter-verification-purge-targets-mediaite-journalist-who-reported-on-obama-spying/
画像も同記事から
https://media.breitbart.com/media/2016/11/JackHeader-640×480.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  3. 人権・民主主義

    香港の民主の女神の周庭さん、ミュージックビデオに出演!(朝香 豊)

    香港の歌手・阮民安氏が新曲「煲底之約」のミュージックビデオの中…

  4. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  5. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国で反文在寅派が大規模集会 法相辞任を要求! (朝香 豊)
  2. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
  3. 未分類

    検察庁法改正案への絶対反対は意味不明! 勝手な思い込みで内閣攻撃してないか?(朝…
  4. 安全保障

    おかしな方向にどんどん動いていくアメリカ! 警察解体も!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)
PAGE TOP