安全保障

小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロシアがウクライナに「侵入」するとの予測をバイデン米大統領が示しながら、「小規模な侵攻」であれば制裁は小さいものになるとの認識を示したことに対して、世界が騒然となっている。

これに対してウクライナのゼレンスキー大統領は「ささいな侵攻もささいな国も存在しないと大国に再認識してもらいたい。愛する人を失うことによるささいな悲痛が存在しないのと同じだ」と、猛烈な反発を起こした。当たり前である。

ブリンケン国務長官はウクライナのゼレンスキー大統領やクレバ外相と相次いで会談し、バイデン発言の火消しに走り回った。

ブリンケン国務長官は21日にロシアのラブロフ外相とスイスのジュネーブで会談することになる。

ここで気になるのは、バイデン大統領が金融制裁にしか言及せず、NATO軍を動かすことを可能性としてちらつかせることもしていないのだが、このバイデン大統領の姿勢をブリンケン国務長官もとりわけ否定していない点だ。バイデン発言を否定するなら、「軍事的な対抗を含む、あらゆる手段を講じてロシアに対抗する用意がある」程度の発言を行うだろう。

バイデンが単にボケているせいだけではなく、アメリカ政府側の口にすることが許されない本音を表沙汰にしたことが問題なのではないかという疑念を持たざるをえないのだ。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。(リンクのブログ記事の「朝香豊は今何位?」をクリック!)
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「民主主義サミット」で露呈したバイデン政権の本質! やはり親中政権だ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7118

米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6952

バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6376

CNNの記事
https://www.cnn.co.jp/usa/35182326.html
ロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-usa-zelenskiy-idJPKBN2JU1QV
朝日新聞の記事
https://digital.asahi.com/articles/ASQ1M22VGQ1LUHBI059.html?oai=ASQ1N3PWRQ1NUHBI00B&ref=yahoo
バイデンとプーチンの画像
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iBpq2k0f_ggs/v1/1200×900.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)

    フィリピンの議員向けの内部報告書に、同国の電力供給網は中国政府…

  3. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米軍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)…
  3. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)
  5. 経済

    韓国のルノーサムスンが再びストへ! 韓国から撤退か?(朝香 豊)
PAGE TOP