経済

アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アフリカ豚コレラを阻止するために、諸外国は厳しい対応を展開している。

アメリカでは空港や港湾に探知犬を配備し、実際に中国からの来訪者のカバンの中に入っていたハム入りのサンドイッチを摘発して押収するようなこともやっている。すでに感染が発覚した場合には、感染発覚地域からの豚の国内移動を停止できるように、対応訓練を実施している。

アメリカではこの訓練を通じて、現状の対応での弱点をあぶり出し、さらなる対策を進めている。

フランスでは、感染を媒介する可能性のある数十万頭のイノシシの殺処分を行い、豚の輸送に用いるトラックについて消毒を義務づけ、イノシシの侵入を防ぐために全長132キロにわたるフェンスを建設した。

オーストラリアでは、豚肉を密輸入した容疑でベトナムからの旅行者を強制送還し、豚肉製品の輸入を禁止した。近隣の太平洋島嶼諸国をアフリカ豚コレラから守るため、アドバイザーを派遣している。

日本も当然対応を強化しているのだろうとは推察するが、検疫官の不足について慢性的に指摘されているなど、まだまだ取り組みが弱いのではないかというのが危惧される。

専門の検疫官の不足はすぐさま解消する問題ではないだろうが、例えば検疫官を補助できる職務を新設し、検査体制の増強を図るなどの対応も、迅速に進めていくべきではないだろうか。

獣医師の養成に背を向けてきたことが悔やまれる。

アメリカでは農産物検査専門家がまだまだ足りないとして、今後毎年240人の農業専門家を採用し、新たな探知犬チームを年20チーム訓練・配備することにしている。

輸出型農業への転換を図っているのであるなら、我が国もこういう点での態勢強化は避けられないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/china-swinefever-disease-idJPKBN1ZJ0AG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 経済

    FRBが金利の据え置きを決定! だが景気は減速している!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米連…

  2. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  3. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)

    イギリスの総選挙では、出口調査の結果によると、保守党が圧勝する…

  4. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)

    小型国際郵便の料金の設定の仕方がおかしいとし、万国郵便連合から…

  6. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    基本的豚権の侵害! 麻酔なしの豚の去勢はやめろ!?(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港警察は発砲を正当化! 映像からは苦しい言い訳だ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)
  4. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 …
  5. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)
PAGE TOP