経済

アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アフリカ豚コレラを阻止するために、諸外国は厳しい対応を展開している。

アメリカでは空港や港湾に探知犬を配備し、実際に中国からの来訪者のカバンの中に入っていたハム入りのサンドイッチを摘発して押収するようなこともやっている。すでに感染が発覚した場合には、感染発覚地域からの豚の国内移動を停止できるように、対応訓練を実施している。

アメリカではこの訓練を通じて、現状の対応での弱点をあぶり出し、さらなる対策を進めている。

フランスでは、感染を媒介する可能性のある数十万頭のイノシシの殺処分を行い、豚の輸送に用いるトラックについて消毒を義務づけ、イノシシの侵入を防ぐために全長132キロにわたるフェンスを建設した。

オーストラリアでは、豚肉を密輸入した容疑でベトナムからの旅行者を強制送還し、豚肉製品の輸入を禁止した。近隣の太平洋島嶼諸国をアフリカ豚コレラから守るため、アドバイザーを派遣している。

日本も当然対応を強化しているのだろうとは推察するが、検疫官の不足について慢性的に指摘されているなど、まだまだ取り組みが弱いのではないかというのが危惧される。

専門の検疫官の不足はすぐさま解消する問題ではないだろうが、例えば検疫官を補助できる職務を新設し、検査体制の増強を図るなどの対応も、迅速に進めていくべきではないだろうか。

獣医師の養成に背を向けてきたことが悔やまれる。

アメリカでは農産物検査専門家がまだまだ足りないとして、今後毎年240人の農業専門家を採用し、新たな探知犬チームを年20チーム訓練・配備することにしている。

輸出型農業への転換を図っているのであるなら、我が国もこういう点での態勢強化は避けられないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/china-swinefever-disease-idJPKBN1ZJ0AG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  2. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)

    交渉内容はまったくわからないが、今月末でのBrexitは、イギ…

  3. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している

    8月のドイツ製造業の景気指数は43.5で、8ヶ月連続で50…

  4. 経済

    EU商工会議所も中国批判へ!  (朝香 豊)

    EU商工会議所は中国に関する年次報告書を発表した。報告…

  5. 経済

    小規模事業者向けの無担保融資を中国政府は奨励! 中国経済の崩壊が進んでいる! (朝香 豊)

    中国の国家発展改革委員会と銀行保険監督管理委員会は共同声明を発…

  6. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
  3. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝…
  4. 安全保障

    北方領土交渉を認めない姿勢を明白に! ロシア!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    過剰防衛に走る、中国の建国70周年軍事パレード 厳戒態勢!  (朝香 豊)
PAGE TOP