経済

アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アフリカ豚コレラを阻止するために、諸外国は厳しい対応を展開している。

アメリカでは空港や港湾に探知犬を配備し、実際に中国からの来訪者のカバンの中に入っていたハム入りのサンドイッチを摘発して押収するようなこともやっている。すでに感染が発覚した場合には、感染発覚地域からの豚の国内移動を停止できるように、対応訓練を実施している。

アメリカではこの訓練を通じて、現状の対応での弱点をあぶり出し、さらなる対策を進めている。

フランスでは、感染を媒介する可能性のある数十万頭のイノシシの殺処分を行い、豚の輸送に用いるトラックについて消毒を義務づけ、イノシシの侵入を防ぐために全長132キロにわたるフェンスを建設した。

オーストラリアでは、豚肉を密輸入した容疑でベトナムからの旅行者を強制送還し、豚肉製品の輸入を禁止した。近隣の太平洋島嶼諸国をアフリカ豚コレラから守るため、アドバイザーを派遣している。

日本も当然対応を強化しているのだろうとは推察するが、検疫官の不足について慢性的に指摘されているなど、まだまだ取り組みが弱いのではないかというのが危惧される。

専門の検疫官の不足はすぐさま解消する問題ではないだろうが、例えば検疫官を補助できる職務を新設し、検査体制の増強を図るなどの対応も、迅速に進めていくべきではないだろうか。

獣医師の養成に背を向けてきたことが悔やまれる。

アメリカでは農産物検査専門家がまだまだ足りないとして、今後毎年240人の農業専門家を採用し、新たな探知犬チームを年20チーム訓練・配備することにしている。

輸出型農業への転換を図っているのであるなら、我が国もこういう点での態勢強化は避けられないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/china-swinefever-disease-idJPKBN1ZJ0AG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 経済

    生産拠点を中国から日本に戻そう! 安倍総理が発言! 大歓迎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    2020年は中国企業のドル建て債のデフォルトラッシュか?(朝香 豊)

    現在、中国の国内債のデフォルトが相次いでいるが、来年はドル建て…

  3. 経済

    レバノンで反政府デモと治安部隊が激突! 400人負傷!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カル…

  4. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)

    今年の日本の出生数は、1~7月は前年同期に比べて5.9%減と、…

  5. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 経済

    ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)

    オシャレなシェアオフィスで知られるWeWorkは、現在資金繰り…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  3. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!
  4. Featured Video Play Icon

    外交

    文在寅大統領が ASEAN で日本はずし工作を始める 
  5. 未分類

    英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊…
PAGE TOP