経済

テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOは、コロナウイルスの影響で地元自治体が操業再開を認めなかったことを受けて、カリフォルニア州にある本社と工場を移転する可能性を示した。

カルフォルニア州知事が、州内の製造業は再開が認められると言っているのに、テスラの本社と工場のあるアラメダ郡が5月末まで再開を認めないというのは、合衆国憲法にもカルフォルニア州憲法にも違反するとの主張だ。

マスクCEOはツイッター上で「率直に言って、これは我慢の限界だ。テスラは直ちに本社と将来の事業計画をテキサス州とネバダ州に移転する」と表明した。

これに対してアラメダ郡は、従業員の健康と福利を保護しながら再開を許可する計画についてテスラとは協議中だとし、近々合意に達すると思うとした。

さて、日本においても「自粛」の強要に対して、マスクCEOと同じような気持ちでいる経営者は多いと思う。

マスクCEOほど常識知らずではないので、おとなしくしているが、内心は「自粛」の経済的損失に耐えられないと思っているような経営者だ。

経営面でより安全な場所に移転することを考えるのは、経営者として当然だ。

そしてそれは国内だけでなく、海外に移転することも視野に入る。

こういう視点も持っておきたい。

マスクCEOが、中国のほうがよっぽど仕事がしやすいと思っていないことを願うばかりだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のガーディアンの記事
https://www.theguardian.com/world/2020/may/10/elon-musk-threatens-to-move-tesla-hq-out-of-california-over-covid-19-restrictions
画像も同記事から
https://i.guim.co.uk/img/media/0d0b568444ea1f2fc72d351f5fc1c56ebde4e8f7/0_300_4500_2700/master/4500.jpg?width=620&quality=85&auto=format&fit=max&s=7131df11aa7cc1f8246d311f96c8f37b

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 経済

    中国企業の米市場上場禁止へ! 上院で法案全会一致で可決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  2. 経済

    ルノーサムスン協力会社が閉鎖! スト頻発でギブアップ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自衛…

  6. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(朝香 豊)

    中国国務院は、海外投資家の誘致強化を狙って、外資投資規制を緩和…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    香港警察は警官の発砲で瀕死に陥った高校生を「暴動罪」で起訴! 証拠をでっち上げか…
  3. 道理

    韓国の格安航空会社が経営危機に!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化へ! 明らかに変わる中東の力学!(朝香 豊…
PAGE TOP