経済

中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の招商証券が、国内36の都市の住宅販売状況に関する報告を発表した。

これによると、中国の2月第1週の新築住宅の販売件数は、前年同月比で90%の減少となった。

中古物件の販売件数も91%減少となった。

不動産会社の易居控股有限公司によれば、この新型コロナウイルスの騒動が起こる前は、北京市の1日当たりの住宅販売件数は100件以上あったが、2月第1週の北京市での平均住宅販売件数は4件に留まった。

住宅市場調査会社の貝殻研究院が公表した報告書では、旧正月の連休(1月24日~30日)に、杭州市、済南市、廊坊市、南京市、青島市など10都市の中古住宅の成約済件数は「ゼロ」だった。

外出もままならない状態にあれば、住宅を買うようなこともなかなかできないという要素も考えるべきだろう。

ただ、この新型コロナウイルスの蔓延によって、経済活動は大いに停滞し、サプライチェーンの組み換えによって、中国外しの動きが静かに進行していることを考えた場合、今後の中国の成長を期待して不動産に投資するような動きは難しくなるはずだ。

そもそも、経済活動がストップして、手元のキャッシュが枯渇しつつあるような状況になれば、保有資産を売って現金化したい動きが強まっても、新たに購入したいという需要が生じるとはなかなか考えにくい。

当局が価格の暴落を恐れて、市場の動きに任せて売ることを禁じているために、価格調整がなかなか進まず、取引はまともに成立しないだろう。

不動産の行き詰まりはすでに見えてはいたのだが、この新型コロナウイルスの感染の広がりが、とどめを刺す決定打になったのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51666.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 中国

    「文革」が復活する中国! その一方で権力の分裂も進む!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!近年…

  3. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 人権・民主主義

    テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!池上…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
  2. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    一貫性のないバイデン政権の中東政策! 混乱する中東!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
PAGE TOP