経済

中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の招商証券が、国内36の都市の住宅販売状況に関する報告を発表した。

これによると、中国の2月第1週の新築住宅の販売件数は、前年同月比で90%の減少となった。

中古物件の販売件数も91%減少となった。

不動産会社の易居控股有限公司によれば、この新型コロナウイルスの騒動が起こる前は、北京市の1日当たりの住宅販売件数は100件以上あったが、2月第1週の北京市での平均住宅販売件数は4件に留まった。

住宅市場調査会社の貝殻研究院が公表した報告書では、旧正月の連休(1月24日~30日)に、杭州市、済南市、廊坊市、南京市、青島市など10都市の中古住宅の成約済件数は「ゼロ」だった。

外出もままならない状態にあれば、住宅を買うようなこともなかなかできないという要素も考えるべきだろう。

ただ、この新型コロナウイルスの蔓延によって、経済活動は大いに停滞し、サプライチェーンの組み換えによって、中国外しの動きが静かに進行していることを考えた場合、今後の中国の成長を期待して不動産に投資するような動きは難しくなるはずだ。

そもそも、経済活動がストップして、手元のキャッシュが枯渇しつつあるような状況になれば、保有資産を売って現金化したい動きが強まっても、新たに購入したいという需要が生じるとはなかなか考えにくい。

当局が価格の暴落を恐れて、市場の動きに任せて売ることを禁じているために、価格調整がなかなか進まず、取引はまともに成立しないだろう。

不動産の行き詰まりはすでに見えてはいたのだが、この新型コロナウイルスの感染の広がりが、とどめを刺す決定打になったのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51666.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾のTSMCがファーウェイからの受注を停止! 中国に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!半導…

  2. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  3. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!香港警…

  4. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!低品…

  5. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  6. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自由…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    尖閣で武力行使容認! 中国「海警法」制定へ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)
  4. 外交

    韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)
  5. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)
PAGE TOP