安全保障

中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市のある湖北省内では、ほぼすべての市で道路封鎖が実施され、医療、消防、物流用の車両以外の車両は、通行が許されなくなった。

湖北省だけでなく、他の省でも封鎖される都市がどんどん広がっている。

すでに別記事でも紹介したが、浙江省の温州市(人口900万人)は、54の高速道路の料金所のうち46箇所を閉鎖し、プールや映画館、博物館などの公共施設にも閉鎖処置を取った。

生活必需品の買い出しのための外出は、2日に1度、各世帯1人に限るとしている。

長距離バスだけでなく、地下鉄などの市内の公共交通機関も運休にされた。

同じ浙江省の楽清市(人口120万人)も、市外に向かう高速道路や国道などを封鎖し、スーパーマーケットなど一部の商業施設を除いて、市内のすべての企業に対して、操業停止・営業停止を命じた。

生活用品を買い出す場合の外出は、週2回とされ、各世帯2人までに限るとした。

特別な事情がない場合、市民は自宅を離れてはいけないとされており、事実上は戒厳令が敷かれたのと同じような状況だ。

河南省の駐馬店市(人口830万人)は、市民の生活用品の買い出しは、5日に1度、各世帯1人に限定するとした。

他にも、江蘇省の南京市と徐州市、山東省の臨沂市、黒竜江省のハルビン市、福建省の福州市など、様々なところで移動制限処置を取っている。

こうした強力な処置によっても、今回の新型コロナウイルスの感染を抑え込むのは、なかなか大変だ。

中国全土で戒厳令的な処置を取っても、1ヶ月くらいの時間は必要になるのではないだろうか。

人々は働くこともできず、食料品を購入して生き延びることしかできない。

このコストを一体誰が負担するのか。

水際対策に失敗した日本も、今後の展開については、厳しい処置を考えなければならないが、最悪を想定したシミュレーションを厚生労働省はすでに検討しているのだろうか。

この点は、はなはだ心もとない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51454.html
画像はAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3264965
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/b/-/img_5b11e5c8e4d6cb5dd754f998323bcab5138820.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  5. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 安全保障

    科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  3. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランプ大統領署名で、「香港人権・民主主義法」が成立! 香港、大盛り上がり!(朝…
  2. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「フリーダム・コンボイ」にカナダ政府が「緊急事態法」で対抗! 民主主義を否定する…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスの専門家会議! 対応がのろすぎる!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    究極の逆転劇! トランプ勝利への道!(朝香 豊)
PAGE TOP