安全保障

中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市のある湖北省内では、ほぼすべての市で道路封鎖が実施され、医療、消防、物流用の車両以外の車両は、通行が許されなくなった。

湖北省だけでなく、他の省でも封鎖される都市がどんどん広がっている。

すでに別記事でも紹介したが、浙江省の温州市(人口900万人)は、54の高速道路の料金所のうち46箇所を閉鎖し、プールや映画館、博物館などの公共施設にも閉鎖処置を取った。

生活必需品の買い出しのための外出は、2日に1度、各世帯1人に限るとしている。

長距離バスだけでなく、地下鉄などの市内の公共交通機関も運休にされた。

同じ浙江省の楽清市(人口120万人)も、市外に向かう高速道路や国道などを封鎖し、スーパーマーケットなど一部の商業施設を除いて、市内のすべての企業に対して、操業停止・営業停止を命じた。

生活用品を買い出す場合の外出は、週2回とされ、各世帯2人までに限るとした。

特別な事情がない場合、市民は自宅を離れてはいけないとされており、事実上は戒厳令が敷かれたのと同じような状況だ。

河南省の駐馬店市(人口830万人)は、市民の生活用品の買い出しは、5日に1度、各世帯1人に限定するとした。

他にも、江蘇省の南京市と徐州市、山東省の臨沂市、黒竜江省のハルビン市、福建省の福州市など、様々なところで移動制限処置を取っている。

こうした強力な処置によっても、今回の新型コロナウイルスの感染を抑え込むのは、なかなか大変だ。

中国全土で戒厳令的な処置を取っても、1ヶ月くらいの時間は必要になるのではないだろうか。

人々は働くこともできず、食料品を購入して生き延びることしかできない。

このコストを一体誰が負担するのか。

水際対策に失敗した日本も、今後の展開については、厳しい処置を考えなければならないが、最悪を想定したシミュレーションを厚生労働省はすでに検討しているのだろうか。

この点は、はなはだ心もとない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51454.html
画像はAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3264965
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/b/-/img_5b11e5c8e4d6cb5dd754f998323bcab5138820.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ナイ…

  2. 安全保障

    ウイルスは10月に武漢P4実験室から漏洩か? 携帯使用記録が示唆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米N…

  3. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!(朝香 豊)

    解任されたボルトン氏の後釜として、アメリカの大統領安全保障担当…

  4. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 人権・民主主義

    楽しみにする声は17%のみ! ターニングポイントになる北京五輪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!毎日…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港政府、ウイグルを参考に「反テロ訓練施設」建設予定!(朝香 豊)
  3. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)
  4. 経済

    麻生財務相「消費税減税は考えていない」 日本を潰す気か!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊…
PAGE TOP