安全保障

北朝鮮のミサイル発射で岸田総理が官邸に戻る! 無駄ではないか!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北朝鮮のミサイル発射を受けて、仙台から秋田入りを予定していた岸田総理が急遽官邸に戻った。

私はミサイル発射から戻ったところで今さらの話だし、指示出しだけをして予定通りに行動すればいいのではとの書き込みをFacebookで行なったが、戻るべき派の方が意外と多いことに気づいて驚いた。

ここで、自分と世間との認識のズレを意識できたのはよかったかもしれない。

私の認識では、今の時代であればテレビ会議を直ちに開くことだってすぐにできることだし、官邸に戻るということに大した意味があるとも思えないのである。

大事なのは即座に情報が総理のもとに集まり、専門家からアドバイスを受けることができ、それらに基づいて総理の判断で迅速な指示が出せることである。その際に現代では場所の制約はもうないはずではないのか。

トランプ大統領が訪中した時に、中国のインターネットファイアウォールをものともせずに接続してみせたことがある。恐らく衛星を利用してのインターネットであり、セキュリティも保証されたものだと思うが、いくら日本政府でもこの程度のことは、少なくとも国内においてはできるようになっているだろう。

野党やマスコミがうるさいから仕方ないという理屈も成り立つだろうが、デジタル社会になった現代では「官邸に戻る」というのはもはや時代遅れであるということをむしろ正面切って訴えて、くだらない野党と対決すべきなのではないだろうか。

この程度の理屈も理解できないほど日本国民はバカではないと、私は信じている。

私も見落としもあるかもしれないから、大いに反論を期待している。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中露艦艇10隻が津軽海峡通過! 海峡法改正を選挙争点に打ち出せ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6942

北朝鮮SLBMの画像
https://ichef.bbci.co.uk/images/ic/1024×576/p09w0hc4.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 安全保障

    新型コロナで飢餓人口が倍増へ! 「世界食糧計画」が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  4. 経済

    ルノーサムスン協力会社が閉鎖! スト頻発でギブアップ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  6. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!運命…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    毒を盛られた模様! ロシア反体制の指導者のナワリヌイ氏!(朝香 豊)
  4. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    強力な対北朝鮮制裁「ワームビア法」がアメリカで成立へ!(朝香 豊)
PAGE TOP