経済

中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国税関総署が7日発表した2020年1~2月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同期比17.2%減の2924億ドルで、輸入は4.0%減の2995億ドルだった。

その1年前の2019年1~2月の貿易統計(ドル建て)では、輸出は前年同期比4.5%減、輸入は2.4%減であったから、2年前との比較では、輸出は21%減、輸入は6.3%減となる。

自分の想定よりは意外と減少幅が少ないが、それでも中国経済に大きな打撃になっていることが伺える。

ちなみにエコノミストの事前予測の平均値では、輸入は16.1%減だったから、実際の4.0%減との乖離は大きい。

これは、中国の貿易にコロナウイルスの影響があまり出ていないとする装いのために、敢えて必要量以上に輸入を増やして、在庫を積み増している可能性が高いと思われる。

中国はこのように意識的に数字を動かしてくることが多い。

例えばだが、この1ヶ月で実は中国株は約11%の値上がりをしている。

世界的に株価の下落傾向が見られる中で、逆行高を見せているのだ。

一般には、現状の低調な経済状態に対して、中国政府が大型の景気刺激策を打ってくる期待が大きいからということになっている。

だが実際には、習近平主席が崖っぷちに立たされている中で、必死に売りを抑制し、買いに走らせている結果だと考えたほうがいいだろう。

2ヶ月ほどにわたって経済活動がストップしたことが、企業体に与えているダメージは相当に大きいはずであり、その中で株価が上がっていることの不気味さを感じるのが正常だ。

いくら政府のコントロール力が強いといっても、今後発生すると想像されるデフォルト案件について、中国政府がすべて救済することなどしないだろう。

それでも目先の数字を何とかするために、自らの首をかけて、習近平政権が必死に動いていることが伺える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200307/wor2003070017-n1.html
ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/breakingviews-china-stock-idJPKBN20S0DH

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…

関連記事

  1. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  2. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(朝香 豊)

    アメリカのサイバーセキュリティ企業「クラウドストライク」は、中…

  4. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

  5. 外交

    落胆の対中姿勢! 岸田新総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!岸田…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!
  4. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国と対峙する西側のフロントラインは日本! 麻生副総理が菅総理にプレッシャー!(…
PAGE TOP