経済

中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国税関総署が7日発表した2020年1~2月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同期比17.2%減の2924億ドルで、輸入は4.0%減の2995億ドルだった。

その1年前の2019年1~2月の貿易統計(ドル建て)では、輸出は前年同期比4.5%減、輸入は2.4%減であったから、2年前との比較では、輸出は21%減、輸入は6.3%減となる。

自分の想定よりは意外と減少幅が少ないが、それでも中国経済に大きな打撃になっていることが伺える。

ちなみにエコノミストの事前予測の平均値では、輸入は16.1%減だったから、実際の4.0%減との乖離は大きい。

これは、中国の貿易にコロナウイルスの影響があまり出ていないとする装いのために、敢えて必要量以上に輸入を増やして、在庫を積み増している可能性が高いと思われる。

中国はこのように意識的に数字を動かしてくることが多い。

例えばだが、この1ヶ月で実は中国株は約11%の値上がりをしている。

世界的に株価の下落傾向が見られる中で、逆行高を見せているのだ。

一般には、現状の低調な経済状態に対して、中国政府が大型の景気刺激策を打ってくる期待が大きいからということになっている。

だが実際には、習近平主席が崖っぷちに立たされている中で、必死に売りを抑制し、買いに走らせている結果だと考えたほうがいいだろう。

2ヶ月ほどにわたって経済活動がストップしたことが、企業体に与えているダメージは相当に大きいはずであり、その中で株価が上がっていることの不気味さを感じるのが正常だ。

いくら政府のコントロール力が強いといっても、今後発生すると想像されるデフォルト案件について、中国政府がすべて救済することなどしないだろう。

それでも目先の数字を何とかするために、自らの首をかけて、習近平政権が必死に動いていることが伺える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200307/wor2003070017-n1.html
ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/breakingviews-china-stock-idJPKBN20S0DH

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  3. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小泉…

  4. 経済

    景気悪化を認めない財務省! 日本経済を殺す気か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 中国

    中国で末端の行政単位に行政執法権付与の愚策! 追い詰められた中国共産党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)
  3. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    習近平総書記は韓国訪問へ! 世界の流れに逆行する韓国!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国で市長選挙への大統領府不正介入で、検察が再び家宅捜査へ!(朝香 豊)
PAGE TOP