経済

中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国税関総署が7日発表した2020年1~2月の貿易統計(ドル建て)によると、輸出は前年同期比17.2%減の2924億ドルで、輸入は4.0%減の2995億ドルだった。

その1年前の2019年1~2月の貿易統計(ドル建て)では、輸出は前年同期比4.5%減、輸入は2.4%減であったから、2年前との比較では、輸出は21%減、輸入は6.3%減となる。

自分の想定よりは意外と減少幅が少ないが、それでも中国経済に大きな打撃になっていることが伺える。

ちなみにエコノミストの事前予測の平均値では、輸入は16.1%減だったから、実際の4.0%減との乖離は大きい。

これは、中国の貿易にコロナウイルスの影響があまり出ていないとする装いのために、敢えて必要量以上に輸入を増やして、在庫を積み増している可能性が高いと思われる。

中国はこのように意識的に数字を動かしてくることが多い。

例えばだが、この1ヶ月で実は中国株は約11%の値上がりをしている。

世界的に株価の下落傾向が見られる中で、逆行高を見せているのだ。

一般には、現状の低調な経済状態に対して、中国政府が大型の景気刺激策を打ってくる期待が大きいからということになっている。

だが実際には、習近平主席が崖っぷちに立たされている中で、必死に売りを抑制し、買いに走らせている結果だと考えたほうがいいだろう。

2ヶ月ほどにわたって経済活動がストップしたことが、企業体に与えているダメージは相当に大きいはずであり、その中で株価が上がっていることの不気味さを感じるのが正常だ。

いくら政府のコントロール力が強いといっても、今後発生すると想像されるデフォルト案件について、中国政府がすべて救済することなどしないだろう。

それでも目先の数字を何とかするために、自らの首をかけて、習近平政権が必死に動いていることが伺える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200307/wor2003070017-n1.html
ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/breakingviews-china-stock-idJPKBN20S0DH

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)

    次世代通信規格の6Gの技術開発を支援するために新たに設ける基金…

  4. 道理

    違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    菅氏が一番増税派? そんなわけはない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テレ…

  6. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングデンマークのダンスケ銀行の2000億ユ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)
  2. 道理

    トランプ再選の切り札は封印か? トランプ大統領は怒り心頭!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    次々に報告される不正選挙の実態! ミシガン州!(朝香 豊)
  4. 未分類

    中共系のフェニックステレビのプロパガンダをやめさせる法案準備! アメリカで! (…
  5. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)
PAGE TOP