経済

荒唐無稽なホワイトハット! こんなものに騙されるな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

知り合いから「ホワイトハット」について尋ねられたが、実は全然その存在を知らず、「ホワイトハットレポート(上巻)」という本をアマゾンで注文して読み始めてみた。

「ホワイトハット」というのは、闇の権力組織である「カバール」による不正をやめさせるための正義のための組織なのだそうだ。

さて、「上巻」には29個のレポートが掲載されているのだが、私は最初のレポートを終えた段階で読むのをやめてしまった。

理由は2つある。

まずこのレポートの内容が非常に理解しにくいのである。

例えば「シニアはまたしても資金を隠すために、シンガポールに向けてさらに飛行機を飛ばそうとしています」などという文が出てくる。

「シニア」がパパ・ブッシュであるのは文の流れでわかるのだが、他はさっぱりわからない。

「またしても」と書く以上は以前にもあったということなのだろうが、その「以前」の話がないのである。

隠す資金がどういう経緯で作り出されたもので、何の目的に使おうとするものなのかの説明もなく、なぜシンガポールに運ばなければならないのかも全くわからない。

なんとなく悪いことをしているようだという印象は伝わるのだが、具体的には何なのかがさっぱりわからないのだ。

もう一つの理由は、内容が絶対にありえない話ばかりだからである。

例えば、お金が足りなくなったオバマが中国をそそのかして8500億ドルを融資させながら、その時に発行された証券が有効なものとして登録されていなかったことを理由に、満期が到来しても支払い義務を拒否したと書いてある。

お金が足りないときには財務省証券(国債)を発行して賄うのは確かだが、マーケットに買い手がいない時には中央銀行(FRB)が買えばいいだけのことで、外国に買ってもらう必要などないのである。

リーマンショックの時も今回のコロナ対応の時も、FRBは大量の財務省証券を購入して政府財政を賄っている。

また8500億ドルも騙し取られた話が本当なら、なぜ中国はこの話を表に出してアメリカを攻撃しないのだろうか。

なお、アメリカ財務省は財務省証券の国別の保有残高を毎月公表しているので、中国がもし騙されたのであれば、満期の到来など待たずに中国はすぐに気付くはずだ。

中国の保有高の推移のグラフも存在する。

中国が保有する米国債残高の推移

胡錦濤の時に騙されたのに、習近平の時ににこやかに訪米することなどありえないだろう。

中国は今なお1兆ドルを超えるアメリカの財務省証券を保有しているが、アメリカに8500億ドルも騙されたのであれば、こんなものはさっさと手放すはずだ。

固有名詞や専門用語がバンバン飛び出すので、知識がないとここに本当のことが隠されているのかもしれないと思ってしまうのかもしれない。

だが、これは人を騙す時によく使うこけおどしのようなものであって、こんなものには引っかかってもらいたいくはない。

なお、アマゾンではこの「ホワイトハットレポート(上巻)」には93個のレビューがあり、そのうち65%が☆5つを付けているので、本当に金融の裏話が書いてあると信じている人はたくさんいるということなのだろう。

ちなみに私はトランプ大統領支持派なので、この点ではホワイトハットと同じ立場のようだ。

なので、私がホワイトハットを否定するのは、トランプ追い落としのためではないことを最後に付け加えておく。
 
 

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ財務省証券の国別保有残高
https://ticdata.treasury.gov/Publish/mfh.txt
アマゾンからの引用画像(ホワイトハットレポート(上巻))
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61UeZ6r-JoL.jpg
BBCからの引用画像(パパ・ブッシュ)
https://ichef.bbci.co.uk/images/ic/1200×675/p06tmfv3.jpg
Investopia からの引用画像(中国が保有する米国債残高の推移)
https://www.investopedia.com/thmb/BPYhjoenftxh1OzzwRKk2FK_WyY=/1096×762/filters:no_upscale():max_bytes(150000):strip_icc()/export-CZzlN1-10e388fcd9654628899302263d7c669d.png
NPRからの引用画像(オバマと習近平)
https://media.npr.org/assets/img/2016/09/04/gettyimages-598855066_wide-be8255a12b5558e7a63636513e1e2cc5e7a641c5.jpg?s=1400

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!MM…

  2. 経済

    これでも中国経済が成長するんだって! 各社エコノミストのありえない見通し!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 安全保障

    熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
  4. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)
PAGE TOP