安全保障

中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ大統領は、中国からアメリカに仕事を戻す企業には税額控除(一種の減税)を認める考えを明らかにした。

逆に、中国にアウトソーシングする会社には、連邦政府との契約を剥奪するとした。

「中国に依存するのは終わりだ。我々の生存に決定的に重要な医薬品などの物資はここアメリカで作ることになる」と語った。

その上でトランプ大統領は、アメリカでの投資を促進するために、さらなる減税と規制緩和を計画していると述べた。

トランプ大統領は国家にとって大切なものをよく理解している。

国家にとって大切なのは、税金をなるべく取ることなどではない。

国内産業に大きなビジネスチャンスを作り出すことだ。

ビジネスチャンスがあると感じた企業がどんどん投資を行えば、国内で雇用が増え、人々の所得が上昇し、国内の需要が強まり、企業はより利益をあげられるようになる。

日本政府はどうしてこの原理が理解できないのだろう。

中国に産業を移せば、日本経済が弱くなって中国経済が強くなるのは当然のことだ。

中国にしがみつくのではなく、国内産業に大きなビジネスチャンスを作り出すことで、中国などに頼らなくてもやっていける自立した日本経済を目指すべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-usa-trump-manufacturing/trump-promises-tax-credits-for-firms-that-bring-jobs-back-from-china-idUSKCN25D2EM
flickrの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg
読売新聞からの引用画像(医療物資)
https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200424-OYTNI50010-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 人権・民主主義

    台湾政府が米3紙に台湾に拠点設置を提案! 中国に対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  3. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

  4. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!方方…

  5. 安全保障

    コロナにまつわる闇を告発! 米上院議員5名が記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)
  4. 経済

    DiDiへの弾圧に中国リスクを認識すべき! 避けられない米中デカップリング!(朝…
  5. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米大統領、サウジ攻撃への報復示唆! (朝香 豊)
PAGE TOP