安全保障

中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ大統領は、中国からアメリカに仕事を戻す企業には税額控除(一種の減税)を認める考えを明らかにした。

逆に、中国にアウトソーシングする会社には、連邦政府との契約を剥奪するとした。

「中国に依存するのは終わりだ。我々の生存に決定的に重要な医薬品などの物資はここアメリカで作ることになる」と語った。

その上でトランプ大統領は、アメリカでの投資を促進するために、さらなる減税と規制緩和を計画していると述べた。

トランプ大統領は国家にとって大切なものをよく理解している。

国家にとって大切なのは、税金をなるべく取ることなどではない。

国内産業に大きなビジネスチャンスを作り出すことだ。

ビジネスチャンスがあると感じた企業がどんどん投資を行えば、国内で雇用が増え、人々の所得が上昇し、国内の需要が強まり、企業はより利益をあげられるようになる。

日本政府はどうしてこの原理が理解できないのだろう。

中国に産業を移せば、日本経済が弱くなって中国経済が強くなるのは当然のことだ。

中国にしがみつくのではなく、国内産業に大きなビジネスチャンスを作り出すことで、中国などに頼らなくてもやっていける自立した日本経済を目指すべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-usa-trump-manufacturing/trump-promises-tax-credits-for-firms-that-bring-jobs-back-from-china-idUSKCN25D2EM
flickrの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg
読売新聞からの引用画像(医療物資)
https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200424-OYTNI50010-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

  2. 経済

    アメリカの失業登録が7週間で3300万人増加! 失業率20%超えの模様! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    2020年夏に、ホンダが自動運転「レベル3」の車を発売へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホン…

  4. 安全保障

    福島原発で処理水海洋放出決定! 政府の英断を高く評価!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

    北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える…

  6. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    朝日新聞が旭日旗を否定する社説を掲載! 自社の社旗はどうするの?(朝香 豊)
  2. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(…
  3. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)
PAGE TOP