安全保障

中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ大統領は、中国からアメリカに仕事を戻す企業には税額控除(一種の減税)を認める考えを明らかにした。

逆に、中国にアウトソーシングする会社には、連邦政府との契約を剥奪するとした。

「中国に依存するのは終わりだ。我々の生存に決定的に重要な医薬品などの物資はここアメリカで作ることになる」と語った。

その上でトランプ大統領は、アメリカでの投資を促進するために、さらなる減税と規制緩和を計画していると述べた。

トランプ大統領は国家にとって大切なものをよく理解している。

国家にとって大切なのは、税金をなるべく取ることなどではない。

国内産業に大きなビジネスチャンスを作り出すことだ。

ビジネスチャンスがあると感じた企業がどんどん投資を行えば、国内で雇用が増え、人々の所得が上昇し、国内の需要が強まり、企業はより利益をあげられるようになる。

日本政府はどうしてこの原理が理解できないのだろう。

中国に産業を移せば、日本経済が弱くなって中国経済が強くなるのは当然のことだ。

中国にしがみつくのではなく、国内産業に大きなビジネスチャンスを作り出すことで、中国などに頼らなくてもやっていける自立した日本経済を目指すべきだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/us-usa-trump-manufacturing/trump-promises-tax-credits-for-firms-that-bring-jobs-back-from-china-idUSKCN25D2EM
flickrの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/5730/30020836983_0c6d0e542e_b.jpg
読売新聞からの引用画像(医療物資)
https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200424-OYTNI50010-1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 安全保障

    ステルス戦闘機F35A 国内組み立て継続へ! 当たり前だろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自衛…

  3. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)

    EU財務相理事会は、欧州経済が減速する中、財政規律の見直しの議…

  4. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  6. 安全保障

    看過できない鳩山由紀夫の発言! 外患誘致罪も考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!鳩山…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    疑惑の判定に抗議しない日本のおかしさ! 選手の「心のケア」にこそ抗議が必要!(朝…
  2. 道理

    NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国海軍が領海侵入! 中露爆撃機が日本周辺を飛来! 対中弱腰の帰結であることを直…
  4. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)
PAGE TOP