経済

中国人100人が合計で1.1兆米ドルの預け入れ! スイスのUBS銀行!(朝香 豊) <

a href=”//blog.with2.net/link/?2016266″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

スイスにあるUBS銀行1行だけで、中国人の金持ち100人が合計で1.1兆米ドル(7.8兆人民元)の資産を預け入れているという話が、中国国内で広がっている。

これはあるセルフメディアの中で語られている話で、真偽のほどはよくわからないのだが、中国財政部財政科学研究所の賈康氏が同記事を自身のブログで引用したことから、信ぴょう性のある話として広がったようだ。

中国には「微博」というミニブログがあるが、この微博の駐スイス中国大使館のアカウントに、この100人の中に入っている汚職官僚の名前の公表を求める書き込みが多数行われた。

ところで、なぜ賈康氏がこの話を自身のブログの中で敢えてこの話を取り上げたのだろうか。

日本においてもそれなりの立場にある人がブログなどで書き込みを行う場合には、その書き込みがもたらす社会的影響とかを考えるものだ。

ましてや中国においては、不用意な書き込みなどすればどんな目に遭うかわかったものではない。

そのリスクを冒して中国財政部に所属する人間がこの話を書き込んだということは、賈康氏を支える勢力が背景にあるということだろう。

つまり、反習近平派がそれなりの勢力としてバックについている可能性は高い。

習近平派と反習近平派との綱引きは今後も続くと見てよいだろう。

さて、アメリカは対中包囲網の中で、中国人が持つ在米資産だけでなく、ヨーロッパや日本などにある在外資産の凍結も当然対象として考えているはずだ。

中国社会科学院の長老の余永定氏も「米中の対立が激化する中、米国は中国の銀行を制裁するだけでなく、中国当局者の海外資産を差し押さえる可能性もある」と指摘している。

ちなみにウィキリークスによると、中国高官らはスイスの銀行に約5000もの口座を持っていて、そのうち3分の2は中央レベルの高官である。

UBS銀行に預けている資産のうちトップ100人だけで1.1兆米ドルに達しているとすれば、中国の汚職官僚が西側諸国に持つトータルではいったいどれほどの金額になるのだろうか。

その規模の大きさを考えると、海外資産凍結が中国に与える打撃の大きさがハンパなものにはならないことが容易に想像できるはずだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のツイッターの記事
https://twitter.com/SolomonYue/status/1250964699564236802?s=20
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/08/61040.html
CNBCの引用画像(UBS)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/105560590-1541642690644gettyimages-1053792808.jpeg?v=1560761919
新浪財経からの引用画像(余永定氏)
http://n.sinaimg.cn/finance/transform/20170302/IUtu-fyawhqy3583730.jpg
字媒體からの引用画像(賈康氏)
hhttps://s.zimedia.com.tw/s/5HGwTn-0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国に…

  6. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾の巡視船に中国漁船が体当たり攻撃! 中国のネット民は大喜び!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)
PAGE TOP