経済

中国では結婚件数が激減! 無視できない経済的理由!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2020年の中国での結婚は813万組であった。中国の結婚件数は2013年の1327万組から減少に転じ、2018年は1011万組、2019年は926万人、2020年は813万組と、このところは年に100万組程度の急減が生じている。

これに対して2020年の離婚件数は373万組で、離婚件数の結婚件数に対する比率(373万組/813万組 離婚・結婚比)は45.9%にも達する状態となっている。

中国政府は離婚件数の抑制のために、離婚の届出を提出してから成立するまで、30日の「冷却期間」を設けるという新制度が、今年(2021年)の1月1日から始まった。この「冷却期間」中に、夫婦の一方が最終的に離婚に同意しなかった場合、離婚届は取り消されるというものだ。「冷却期間」の30日が過ぎてから「審査」にさらに30日を必要とし、その後に初めて離婚が成立するという制度である。ちなみに離婚届の提出をするのにも、いきなり役所に行くのは許されず、事前にネットで予約を入れなければならない。上海市のいくつかの区では、仲直りを勧めるカウンセリングまでもが用意されているという。

こうした制度は離婚を抑制する趣旨なのだろうが、逆に結婚を抑制する流れにもつながっているようだ。一度結婚すると簡単に離婚できないとなれば、結婚そのものを慎重にしようという流れになっているのである。

未婚女性に対して「結婚したくない理由」をアンケート調査したところ、「結婚が絶対に必要とは思わない」との回答が64.1%を占め、結婚観が大きく変容したことも伺われるが、43.5%が「結婚による生活水準の低下を心配するから」と答えていて、経済的理由が無視できないほど大きくなっていることもわかる。

未婚男性に対して同様のアンケート調査を行うと、53.6%が「結婚するための経済的条件が整わないため」との回答を行った。

31ある一般行政区別に見ると、「離婚・結婚比」が高いのは、上から吉林省(71.5%)、黒龍江省(67.2%)、遼寧省(65.8%)という、いわゆる「東北三省」(旧満州)が占めた。「東北三省」は経済的衰退が著しく、これが「離婚・結婚比」に大きな影響を及ぼしていると考えられる。

北村豊氏によると、「七夕夫婦」という言葉もあるそうだ。夫婦がそれぞれ出稼ぎに向かうが、出稼ぎ場所が異なると普段は全く会えない生活になる。牽牛と織女のように、年に1回会えるかどうかのような状態になり、結婚が無意味となり、離婚に至るというのである。

夫婦の出稼ぎ場所が異なるケースがどれほどあるのかは私にはわからないが、いずれにせよ、経済的に厳しい状況が結婚件数を激減させ、それが「離婚・結婚比」の高さにつながっているのは間違いなく、それが東北三省に特に強く出ているのだろう。

不動産価格の高騰は、住宅の購入を難しくさせているだけでなく、工場や店舗の賃料も高くし、それは商品の販売価格にも転嫁されることになる。

閉店に追い込まれている店舗も多い。企業データアナリストの崔凡氏によると、昨年(2020年)の1月から11月にかけて、カフェの8割以上、フィットネスクラブの半数が消え、個人店舗の廃業は100万店にも及んだという。

中国経済が力強い回復をしているというのが本当かどうか、こうした現実から考えてもらいたいと思う。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

gendai.ismedia.jpの記事
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/82217
www.afpbb.comの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3335735
diamond.jpの記事
https://diamond.jp/articles/-/262023
離婚の画像
https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/1/2/670m/img_1266d78b36684a91e762729f7f26a3ee228629.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!任志…

  2. 経済

    EUなど32カ国が中国への特恵関税を廃止! 中国経済への打撃は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  3. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!休業…

  4. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    EU商工会議所も中国批判へ!  (朝香 豊)

    EU商工会議所は中国に関する年次報告書を発表した。報告…

  6. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    遺伝子レベルで見ると、人為ウイルスの疑い濃厚! 新型コロナはいくつかのウイルスの…
  3. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港で元日デモ! 100万人超が参加! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
PAGE TOP