道理

韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!


韓国検察はチョ・グク氏の妻を在宅起訴した。

娘の総長賞の表彰状を偽造したのは、同じ大学の教授をしている妻だったとの疑いからだ。

事情聴取をせずに在宅起訴に踏み切ったのは、時効が迫っていたからだとされている。本日(7日)の午前0時で時効が成立するはずだった。

だが、これは裏を返せば、敢えて手をこまねいて時効が成立してしまったと言い訳をすることもできた話だとも言える。

とすれば、韓国検察の中に、文在寅に反旗を翻す勢力が力を伸ばしたということなのだろうか。

文在寅政権は成立後2年かけて、行政機構を自分たちの考えに沿う勢力で制圧したつもりでいただろうが、検察の中立性をないがしろにする政権への反発は確かなようだ。

それでも、文在寅氏はチョ・グク氏の法相任命を強行する可能性が高いと見られているようだ。

これに関連する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  3. 道理

    韓国が新型コロナで北朝鮮を支援準備! 自国民よりも北朝鮮が大切!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    不正選挙に使われたUSBが紛失状態! ペンシルバニア州公聴会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ペン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国では結婚件数が激減! 無視できない経済的理由!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「リベラル」マスコミはトランプ大統領を激しく非難! アメリカ国民の見方と相違!(…
  4. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)
PAGE TOP