道理

韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!


韓国検察はチョ・グク氏の妻を在宅起訴した。

娘の総長賞の表彰状を偽造したのは、同じ大学の教授をしている妻だったとの疑いからだ。

事情聴取をせずに在宅起訴に踏み切ったのは、時効が迫っていたからだとされている。本日(7日)の午前0時で時効が成立するはずだった。

だが、これは裏を返せば、敢えて手をこまねいて時効が成立してしまったと言い訳をすることもできた話だとも言える。

とすれば、韓国検察の中に、文在寅に反旗を翻す勢力が力を伸ばしたということなのだろうか。

文在寅政権は成立後2年かけて、行政機構を自分たちの考えに沿う勢力で制圧したつもりでいただろうが、検察の中立性をないがしろにする政権への反発は確かなようだ。

それでも、文在寅氏はチョ・グク氏の法相任命を強行する可能性が高いと見られているようだ。

これに関連する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  2. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 道理

    英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない! (朝香 豊)

    英軍ラグビーチームが靖国神社と遊就館を訪問して、記念撮影の写真…

  4. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

  5. Featured Video Play Icon

    道理

    チョ・ググ氏の法相就任に障害はないと、韓国政府関係者が表明!

    これで韓国民の理解は本当に得られるのか❓青瓦台関係…

  6. 道理

    ウクライナ元検察トップがバイデン 疑惑を語る!(朝香 豊)

    ウクライナ元検察トップがNHKのインタビューに答え、バイデン …

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    トランプ大統領、事態のエスカレートを避ける! 対イランで!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    森友問題で「赤木ファイル」が公開! さらに明白になった佐川理財局長の罪と安倍総理…
  3. 韓国・北朝鮮

    後継者は金与正氏! 金正恩氏が指名か?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
PAGE TOP