人権・民主主義

オバマゲートに新事実! 左派シンクタンク「ブルッキングス研究所」が関与!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

前回のアメリカの大統領選挙では、トランプ氏はロシアに弱みを握られていて売国大統領になるとの宣伝が、民主党側からなされていた。

この中でキーとなるのが「スティール文書」と呼ばれるものだ。

アマゾンで販売されている「スティール文書」の本

この文書には、トランプ氏がモスクワのホテルの部屋に売春婦を呼び寄せて、放尿や乱交を楽しんだと記されていた。

この様子をロシアの政府機関に記録され、これをネタに脅されたことになっていた。

この問題に対処するために、トランプの選対の幹部がロシア関係者とプラハで会って、秘密協力を誓わされたとも書かれていた。

モスクワのホテルに滞在したことになっている日にトランプ氏がモスクワには行っておらず、プラハにトランプの選対の幹部が飛んだ事実もないことが明らかになっており、今となっては完全なでっち上げであることははっきりしているのだが、あたかもこの怪文書に書かれていることが真実であるかのように、CNNなどが大々的に取り上げていた。

この怪文書は「フュージョンGPS」という調査会社が元MI6のクリストファー・スティール氏に調査を依頼して書かせたものであることはわかっていたが、「フュージョンGPS」がどういう動機でこのような調査を行ったのかは謎だった。

ところが、「フュージョンGPS」に民主党陣営からお金が流れて作られた文書であることが、やがて明らかになった。

これだけでも民主党の謀略は凄まじいが、話はこれでは終わらない。

民主党のオバマ大統領が政権を握っていたことを悪用して、トランプ氏を追い落とすために、政府機関を使った秘密工作まで行っていたのだ。

この完全でっち上げの「スティール文書」を根拠に、司法省とFBI(に巣食う民主党人脈)が、トランプ陣営関係者の盗聴監視の許可を裁判所から取り、トランプ陣営の弱点を見つけようと探っていたのである。

ウォーターゲート事件以上の大スキャンダルのはずなのだが、主流派の「リベラル」マスコミはこうした問題をまともに追及する姿勢を見せてこなかった。

ここに「リベラル」マスコミの闇がある。

ところで、アメリカには「ブルッキングス研究所」という左派系のシンクタンクがある。

このブルッキングス研究所が「スティール文書」の拡散に関与し、その内容を擁護する側に回っていただけでなく、作成段階から関わっていたのではないかという疑惑まで浮上した。

現在クリストファー・スティール氏はロンドンの裁判所で訴えられているのだが、この裁判記録によってスティール氏とブルッキングス研究所とがつながっていることが明らかになった。

ブルッキングス研究所の所長のタルボット氏は、2016年の8月に文書の進捗状況をスティール氏に尋ね、必要があればアドバイスをすると申し出ていたのである。

つまり、スティール文書の公開前からタルボット氏はその存在を知っていて、その完成を待ちかねて工作しようと関わっていたことが明らかになったわけだ。

ちなみにタルボット氏は大統領を務めたビル・クリントン氏とは、クリントン氏がオックスフォード大学に2年留学した時からの友人だ。

クリントン政権時に国務長官の顧問(special adviser)を務めるなど、クリントン夫妻との関係は深い。

さて、この疑惑についても、主流派の「リベラル」マスコミは沈黙を貫くつもりなのだろうか。

大統領選挙がいよいよ本格化する中で、「リベラル」の正体が暴かれることになるのかもしれない。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBreitbartの記事
https://www.breitbart.com/politics/2020/07/24/rep-devin-nunes-brookings-institution-disseminated-the-dossier/
画像はアマゾンから(スティール文書)
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51zligZtD2L._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
画像はCNNから(CNNのスティール文書の報道)
https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/c_fill,g_auto,w_1200,h_675,ar_16:9/https%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F170114103845-who-is-dossier-author-christopher-steele-00005005.jpg
画像はTablet Magazineから(Fusion GPS)
https://cdn.sanity.io/images/z2aip6ei/production/88d30726504b757e4ddf6ad9c2b68094aa758b89-2560×1060.jpg
画像はNBC Newsから(クリストファー・スティール)
https://media1.s-nbcnews.com/j/newscms/2017_40/2179731/171005-christopher-steele-ac-814p_5d7c759b77ccc91f4805530948d07e27.nbcnews-fp-1200-630.jpg
画像はRepublic Worldから(オバマゲート)
https://img.republicworld.com/republic-prod/stories/promolarge/xxhdpi/xwdrvinbfzf3ttkv_1589436407.jpeg?tr=w-812,h-464
画像はUMBCから(ブルッキングス研究所)
https://assets2-my.umbc.edu/system/shared/thumbnails/events/000/079/995/a6114a34b8d98577284cc7142d76854d/xxlarge.jpg?1581526295
画像はコロンビア大学から(タブロット氏)
https://i0.wp.com/admissionsblog.sipa.columbia.edu/files/2015/04/Strobe-Talbott-InternationalFellowsProgram.jpg
画像はコロンビア大学から(ビル・クリントン氏)
https://cdn.britannica.com/s:800×450,c:crop/41/172741-138-647B3D53/overview-Bill-Clinton.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    バイデン政権発足! 陰謀論から決別を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  2. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

  6. 人権・民主主義

    親元から引き離され、「中国化」されるウイグルの子どもたち!(朝香 豊)

    中国共産党は新疆ウイグル自治区から大勢の子供たちを親元から引き…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国政府が李文亮医師への処分を撤回! 家族に謝罪! 中共が弱っている!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)
PAGE TOP