人権・民主主義

オバマゲートに新事実! 左派シンクタンク「ブルッキングス研究所」が関与!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

前回のアメリカの大統領選挙では、トランプ氏はロシアに弱みを握られていて売国大統領になるとの宣伝が、民主党側からなされていた。

この中でキーとなるのが「スティール文書」と呼ばれるものだ。

アマゾンで販売されている「スティール文書」の本

この文書には、トランプ氏がモスクワのホテルの部屋に売春婦を呼び寄せて、放尿や乱交を楽しんだと記されていた。

この様子をロシアの政府機関に記録され、これをネタに脅されたことになっていた。

この問題に対処するために、トランプの選対の幹部がロシア関係者とプラハで会って、秘密協力を誓わされたとも書かれていた。

モスクワのホテルに滞在したことになっている日にトランプ氏がモスクワには行っておらず、プラハにトランプの選対の幹部が飛んだ事実もないことが明らかになっており、今となっては完全なでっち上げであることははっきりしているのだが、あたかもこの怪文書に書かれていることが真実であるかのように、CNNなどが大々的に取り上げていた。

この怪文書は「フュージョンGPS」という調査会社が元MI6のクリストファー・スティール氏に調査を依頼して書かせたものであることはわかっていたが、「フュージョンGPS」がどういう動機でこのような調査を行ったのかは謎だった。

ところが、「フュージョンGPS」に民主党陣営からお金が流れて作られた文書であることが、やがて明らかになった。

これだけでも民主党の謀略は凄まじいが、話はこれでは終わらない。

民主党のオバマ大統領が政権を握っていたことを悪用して、トランプ氏を追い落とすために、政府機関を使った秘密工作まで行っていたのだ。

この完全でっち上げの「スティール文書」を根拠に、司法省とFBI(に巣食う民主党人脈)が、トランプ陣営関係者の盗聴監視の許可を裁判所から取り、トランプ陣営の弱点を見つけようと探っていたのである。

ウォーターゲート事件以上の大スキャンダルのはずなのだが、主流派の「リベラル」マスコミはこうした問題をまともに追及する姿勢を見せてこなかった。

ここに「リベラル」マスコミの闇がある。

ところで、アメリカには「ブルッキングス研究所」という左派系のシンクタンクがある。

このブルッキングス研究所が「スティール文書」の拡散に関与し、その内容を擁護する側に回っていただけでなく、作成段階から関わっていたのではないかという疑惑まで浮上した。

現在クリストファー・スティール氏はロンドンの裁判所で訴えられているのだが、この裁判記録によってスティール氏とブルッキングス研究所とがつながっていることが明らかになった。

ブルッキングス研究所の所長のタルボット氏は、2016年の8月に文書の進捗状況をスティール氏に尋ね、必要があればアドバイスをすると申し出ていたのである。

つまり、スティール文書の公開前からタルボット氏はその存在を知っていて、その完成を待ちかねて工作しようと関わっていたことが明らかになったわけだ。

ちなみにタルボット氏は大統領を務めたビル・クリントン氏とは、クリントン氏がオックスフォード大学に2年留学した時からの友人だ。

クリントン政権時に国務長官の顧問(special adviser)を務めるなど、クリントン夫妻との関係は深い。

さて、この疑惑についても、主流派の「リベラル」マスコミは沈黙を貫くつもりなのだろうか。

大統領選挙がいよいよ本格化する中で、「リベラル」の正体が暴かれることになるのかもしれない。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBreitbartの記事
https://www.breitbart.com/politics/2020/07/24/rep-devin-nunes-brookings-institution-disseminated-the-dossier/
画像はアマゾンから(スティール文書)
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51zligZtD2L._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
画像はCNNから(CNNのスティール文書の報道)
https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/c_fill,g_auto,w_1200,h_675,ar_16:9/https%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F170114103845-who-is-dossier-author-christopher-steele-00005005.jpg
画像はTablet Magazineから(Fusion GPS)
https://cdn.sanity.io/images/z2aip6ei/production/88d30726504b757e4ddf6ad9c2b68094aa758b89-2560×1060.jpg
画像はNBC Newsから(クリストファー・スティール)
https://media1.s-nbcnews.com/j/newscms/2017_40/2179731/171005-christopher-steele-ac-814p_5d7c759b77ccc91f4805530948d07e27.nbcnews-fp-1200-630.jpg
画像はRepublic Worldから(オバマゲート)
https://img.republicworld.com/republic-prod/stories/promolarge/xxhdpi/xwdrvinbfzf3ttkv_1589436407.jpeg?tr=w-812,h-464
画像はUMBCから(ブルッキングス研究所)
https://assets2-my.umbc.edu/system/shared/thumbnails/events/000/079/995/a6114a34b8d98577284cc7142d76854d/xxlarge.jpg?1581526295
画像はコロンビア大学から(タブロット氏)
https://i0.wp.com/admissionsblog.sipa.columbia.edu/files/2015/04/Strobe-Talbott-InternationalFellowsProgram.jpg
画像はコロンビア大学から(ビル・クリントン氏)
https://cdn.britannica.com/s:800×450,c:crop/41/172741-138-647B3D53/overview-Bill-Clinton.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 道理

    WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オラ…

  4. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)

    中国で白血病を患う6歳の男児が、わずか2週間待ちで肺移植手術を…

  5. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国外交官のセクハラ! 対応の悪さでニュージーランドが激怒!(朝香 豊)
  2. 経済

    レジ袋の方がエコ! メーカーが主張! (朝香 豊)
  3. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)
  5. 経済

    2020年夏に、ホンダが自動運転「レベル3」の車を発売へ! (朝香 豊)
PAGE TOP