人権・民主主義

ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウクライナ疑惑について、新しい動きが出てきた。

ただ、ウクライナ疑惑の概略が見えないと、わかりにくいと思うので、まずは概略から書かせてもらいたい。

ウクライナのガス会社「ブリスマ」の汚職の捜査を、ウクライナ検察は行っていた。

指揮を執っていたのは、当時のショーキン検事総長である。

「ブリスマ」の捜査を進めているショーキン検事総長を解任してもらいたい、しないのならアメリカがウクライナに約束している10億ドルの助成金は支払わないと、アメリカの副大統領だったバイデン氏がウクライナ大統領だったポロシェンコ氏に圧力をかけた。

この圧力を受けて、ポロシェンコ大統領はショーキン検事総長を解任した。

バイデン氏がショーキン検事総長の解任を求めたのは、息子のハンター・バイデン氏が「ブリスマ」の役員をしていたからで、彼は年間6000万円もの役員報酬を「ブリスマ」から得ていた。

そもそもハンター・バイデン氏が「ブリスマ」の役員となったのは、副大統領だったバイデン氏がウクライナ訪問の際に同行させて紹介したのがきっかけだ。

つまり、親子がグルになって「ブリスマ」と深い関係を持っていたと言える。

なお、このショーキン検事総長解任劇については、「オレが解任させたんだぜ」とバイデン氏が自慢気に語っている動画が出回っている。

以上が概略で、以下が新しくわかった動きだ。

解任されたショーキン氏の後に検事総長に就いたのは、ルツェンコ氏だ。

ルツェンコ検事総長には検察の意地があったようで、ショーキン氏解任後も「ブリスマ」の件を諦めていなかった。

そしてウクライナ検察が集めた証拠をアメリカ側に渡したいということで、知り合いのカミンズ弁護士を通じて、バーマン連邦検事との接触を試みた。

カミンズ弁護士はバーマン連邦検事に対して、少なくとも5回は連絡を取っていた。

この中で、「ブリスマ」を守るために、副大統領だったバイデン氏が影響力を行使していたことも伝えられていた。

そしてそれは、バイデン親子がアメリカの法律に違反している証拠とも言えた。

ルツェンコ検事総長はバーマン検事に直接会って説明する機会を作りたいと願っていた。

だがバーマン検事はこの話を断った。

カミンズ弁護士は、ルツェンコ検事総長がバーマン検事に会えないなら、バーマン氏より下級の連邦検事と面会させるのはどうかと提案したが、このメールに対してバーマン検事は返事をしなかった。

なお、ルツェンコ検事総長は、在ウクライナ米大使館やFBIを信用していなかった。

アメリカに出国するためのビザの許可が降りなかったからだ。

そして、アメリカの検事にも行く手を阻まれた。

こうしたバイデン親子をなんとしてでも守ろうとする政治的な動きに、ルツェンコ検事総長は失望していた。

ルツェンコ検事総長は別のルートでアプローチをする必要があると考え、トランプ大統領と近い関係にあるジュリアーニ弁護士との連絡を開拓した。

さて、最近アメリカでバーマン連邦検事が解任されるという事件が起こった。

バー司法長官がバーマン氏に辞職を求めたが、拒否されたため、トランプ大統領に願い出て、解任が決まった。

これが法律上の手続きとして成り立つのかが大騒ぎとなっていて、バー司法長官とトランプ大統領のいずれかが嘘をついているのだといった話が話題になっている。

アメリカの法手続きについては自分はわからないので、この件についてはコメントしないが、なぜバー司法長官がバーマン検事に辞職を迫ったかの根本の話について、アメリカのマスコミは追求すべきなのではないか。

この捜査が進み、バイデン氏の真実の姿が表にさらされても、バイデン氏が大統領に選ばれることになるのだろうか。

アメリカ民主党はどれほどの傷を負うことになるのだろうか。

いよいよ本丸の戦いが本格的に始まろうとしている。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のJust the Newsの記事
https://justthenews.com/accountability/russia-and-ukraine-scandals/fired-prosecutor-was-given-biden-ukraine-allegations?utm_source=justthenews.com&utm_medium=feed&utm_campaign=external-news-aggregators

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際的に…

  2. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ギリ…

  5. 外交

    バイデンがトランプ外交を妨害か? 2016年の大統領選後の引き継ぎで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    安倍総理から野党と偏向マスコミに対する皮肉か? 官邸での記者会見で!(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    トランプ共和党 続々と敗北! ケンタッキー州知事選挙でも!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)…
PAGE TOP