人権・民主主義

国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国連、特に人権理事会の動きが、あまりにおかしい。

同理事会は、アメリカで黒人男性が首を押さえつけられて死亡した事件を受けて、黒人への人種差別を強く非難し、警察官による残虐行為について、今後は国連人権理事会に報告するように求める決議案を採択した。

その上で、国連ジュネーブ事務局(UNOG : The United Nations Office at Geneva)は、公式ツイッター上で、「国連人権理事会の専門家集団は、アンティファなどの反ファシズムの活動家をテロリストだとする、アメリカの司法長官が行った声明に、深い憂慮を表明する」とツイートした。

国連は、中国政府が香港などで行っている警察の暴力にはまるで無関心でありながら、これはどういうことだろう。

アメリカの事件は、トランプ政権や州政府が政治権力を背景に黒人差別を不当に行わせた事件ではない。

中国における警察権力の濫用は明らかに国家権力の発動であり、構造的な問題としては遥かに深刻なはずだ。

なのに、こちらは不問に付しているわけだ。

倒錯しているとしか言いようがないだろう。

さらに、こうした国連人権理事会のおかしなあり方を象徴する事件がさらに起こった。

同理事会は、中国から提出された、多国間主義に基づく「人権分野における協力・ウィンウィンの促進」決議案を採択したのだ。

「多国間主義」「協力」「ウィンウィン」の促進などと言われると、なんとなくもっともらしい感じがするかもしれないが、よく考えるとかなりおかしいことがわかるだろう。

例えば、中国と北朝鮮が「人権分野」において互いに「協力」して「ウィンウィン」の関係を促進するとした場合に、人権を守る気などまるでない国同士で、お互いの「人権」状況を容認し合うだけになるのは目に見えている。

世界で人権が概ね尊重されているとみなせる国は、実はまだまだ少数派だ。

そもそも人権理事会の理事国になるのに、国内の人権状況がどうであるかは問題にされない。

だから中国のような国でも、繰り返し理事国に選出されている。

西側国家が中国の人権上の問題点を指摘しても、「多国間主義」になれば西側諸国は少数派になってしまうから、「話し合い」では負けてしまうのだ。

昨年、西欧・北欧諸国やオーストラリア、日本など22カ国が、ウイグル人の処遇で問題があるとして、中国政府を批判する共同書簡を国連人権理事会に提出した。

だが、これに対してイラン、ベネズエラ、北朝鮮、ロシアなど50カ国が、逆に中国を支持する書簡を提出した。

百万人以上が収容所に入れられているという信じられない状況でも、数では負けるのである。

「多国間主義」に基づき、人権が弱い国同士の「協力」が行われたところで、人権は一向に守れない。

国連は立派な組織だと思っている人には、こういう具体的事実を冷静に考えてもらいたいものだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のDisrn.comの記事
https://disrn.com/news/un-shares-antifa-flag-expresses-support-after-pompeo-calls-group-domestic-terrorists
ネタ元の中国網の記事
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2020-06/23/content_76194242.htm
ネタ元のBBCの記事
https://www.bbc.com/japanese/48946124
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/14/Antifa_logo.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. Featured Video Play Icon

    道理

    N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

    N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取。N国党から出…

  4. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!キュ…

  5. 人権・民主主義

    香港を応援しよう! 台湾は29日に香港応援デモ開催へ!

    台湾市民が香港市民と同様に、中国当局の全体主義に対抗し、人権、…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)
  2. 外交

    台湾訪問団のチェコに対して中国が脅迫! これにEU諸国が大反発!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
  4. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    未だに国防費1%枠にこだわる公明党! 自民党はより強力なグリップを発揮せよ!(朝…
PAGE TOP