安全保障

中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。

大学、研究機関、ハイテク企業から37人のメンバーを選出し、専門家チームを結成する。

これとは別にプロジェクト推進チームが作られ、政府が全面的にバックアップする。

伝送速度は5Gの10倍以上の100Gbps超、遅延は1ミリ秒未満となる見込みで、人が行っていた全てのサービスがインターネットによって繋がる IoE(Internet of Everything)が実現するとされる。

6Gでは、すでにフィンランドのオウル大学、サムスン・SKテレコム・LG電子の韓国勢、NTT・ソニー・インテルによる日米連合などが研究開発に着手している。

日米連合はNTTが開発したIOWN(アイオン)という光技術をベースに研究をすすめる。

データ遅延を1/200、電力効率100倍となる予定だが、すでにこの技術のコアとなる光信号で計算処理できる半導体の開発めどは立っているようだ。

5Gでは完全に遅れを取った日本だが、6Gでは完全復活してもらいたいものだ。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48895.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)

    今年の日本の出生数は、1~7月は前年同期に比べて5.9%減と、…

  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)

    米軍の機密指定が解除され、空中を高速飛行する未確認飛行物体をと…

  3. 安全保障

    中国の食糧危機は深刻かも! 食べ残し厳禁を習総書記が号令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「黒人の命は大切」運動の創設者は共産主義者! 自ら明かす!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港、元日に大規模デモ行進を予定!(朝香 豊)
  3. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 人権・民主主義

    チョ・グク法相は「南韓社会主義労働者同盟」の中核メンバーとして拘束されたことがあ…
  5. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香…
PAGE TOP