安全保障

中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。

大学、研究機関、ハイテク企業から37人のメンバーを選出し、専門家チームを結成する。

これとは別にプロジェクト推進チームが作られ、政府が全面的にバックアップする。

伝送速度は5Gの10倍以上の100Gbps超、遅延は1ミリ秒未満となる見込みで、人が行っていた全てのサービスがインターネットによって繋がる IoE(Internet of Everything)が実現するとされる。

6Gでは、すでにフィンランドのオウル大学、サムスン・SKテレコム・LG電子の韓国勢、NTT・ソニー・インテルによる日米連合などが研究開発に着手している。

日米連合はNTTが開発したIOWN(アイオン)という光技術をベースに研究をすすめる。

データ遅延を1/200、電力効率100倍となる予定だが、すでにこの技術のコアとなる光信号で計算処理できる半導体の開発めどは立っているようだ。

5Gでは完全に遅れを取った日本だが、6Gでは完全復活してもらいたいものだ。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48895.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

    韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の…

  3. 安全保障

    日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!

    北朝鮮の非核化をめぐり、核兵器の放棄をまず行うよう迫る「リビア…

  4. 中国

    武漢で1日に亡くなっている数を推計したら、すごいことがわかった! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 人権・民主主義

    香港で200万人がPTSD発症か? 香港大学が推計!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デモ隊に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ハンターは立派な男だ! ジョー・バイデンは開き直る!(朝香 豊)
  5. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
PAGE TOP