安全保障

中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。

大学、研究機関、ハイテク企業から37人のメンバーを選出し、専門家チームを結成する。

これとは別にプロジェクト推進チームが作られ、政府が全面的にバックアップする。

伝送速度は5Gの10倍以上の100Gbps超、遅延は1ミリ秒未満となる見込みで、人が行っていた全てのサービスがインターネットによって繋がる IoE(Internet of Everything)が実現するとされる。

6Gでは、すでにフィンランドのオウル大学、サムスン・SKテレコム・LG電子の韓国勢、NTT・ソニー・インテルによる日米連合などが研究開発に着手している。

日米連合はNTTが開発したIOWN(アイオン)という光技術をベースに研究をすすめる。

データ遅延を1/200、電力効率100倍となる予定だが、すでにこの技術のコアとなる光信号で計算処理できる半導体の開発めどは立っているようだ。

5Gでは完全に遅れを取った日本だが、6Gでは完全復活してもらいたいものだ。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48895.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 経済

    円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ゴー…

  2. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  5. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    高市早苗氏の当選の流れが見えてきた! 自民党総裁選挙!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    TikTokなどの中国アプリの利用制限! 自民党が提言へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
PAGE TOP