安全保障

中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。

大学、研究機関、ハイテク企業から37人のメンバーを選出し、専門家チームを結成する。

これとは別にプロジェクト推進チームが作られ、政府が全面的にバックアップする。

伝送速度は5Gの10倍以上の100Gbps超、遅延は1ミリ秒未満となる見込みで、人が行っていた全てのサービスがインターネットによって繋がる IoE(Internet of Everything)が実現するとされる。

6Gでは、すでにフィンランドのオウル大学、サムスン・SKテレコム・LG電子の韓国勢、NTT・ソニー・インテルによる日米連合などが研究開発に着手している。

日米連合はNTTが開発したIOWN(アイオン)という光技術をベースに研究をすすめる。

データ遅延を1/200、電力効率100倍となる予定だが、すでにこの技術のコアとなる光信号で計算処理できる半導体の開発めどは立っているようだ。

5Gでは完全に遅れを取った日本だが、6Gでは完全復活してもらいたいものだ。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/11/48895.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 道理

    豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  3. 経済

    新型コロナウイルスで潰れる韓国経済!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    米内務省、中国製ドローン800機を使用停止! 調査開始へ! (朝香 豊)

    アメリカの内務省は、保有する中国製のドローン全ての利用を停止し…

  6. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 …
  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルス対応で日本を殺すな! 末端の疲弊から目をそらしてはいけない!(…
PAGE TOP