中国

武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今回の武漢発新型肺炎について、SARS専門家で香港大学教授の管軼(グアン・イー)氏は、「保守的に見積もっても、今回の感染規模はSARSの10倍以上だろう。武漢は既に制御不能だ」と語った。

WHOが緊急事態宣言を見送ったことが、さらに感染拡大を後押しすることになりそうだ。

実に深刻な事態であり、習近平国家主席の国賓招日への影響が及ぶのは避けられないだろう。

情報隠蔽をしてこのようなパンデミックを引き起こした国の最高責任者を、国賓として日本に呼ぶのが適切であるかはよく考えるべきところだ。

国民感情として受け入れられないというのは、当然だ。

少なくとも4月というのはタイミング的には最悪で、当面「延期」ということにして、そのままうやむやにするという日本的な対応もありかもしれない。

そしてこれならば、政府としても受け入れやすいという側面もあるだろう。

これを絡めた習近平国家主席の国賓招日反対の声を、再びみんなで首相官邸に届けようではないか。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

また、武漢発新型肺炎の蔓延は、目下進行中の中国の経済崩壊と相まって、中国の国家体制の崩壊につながる可能性もある。

この件については、また別に論を立てたいと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

  2. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!⭐⭐…

  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ショハ…

  5. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港民主派議員が襲撃され、耳を半分食いちぎられる!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)
  5. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(…
PAGE TOP