安全保障

戒厳令を敷くべき! トランプ大統領に求める声が相次ぐ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ大統領に対して、アメリカにサイバー戦が仕掛けられているという重大性を認識し、戒厳令を敷くように求める動きが相次いでいる。

マキナニー退役中将、WTPC(We The People Convention 「我々アメリカ国民会議?」)、リン・ウッド弁護士などだ。

マキナニー中将は、今回の選挙では実際には8500万票がトランプ大統領に投じられたと推定され、トランプ大勝利は間違いないのに、バイデンが次期大統領だとする方向で動いていることに危機感を発して、12月14日に予定されている大統領選挙人の集会と投票は中止すべきだとした。

マスコミどころか現政府の中にもアメリカの敵とつるんでいる勢力が強く、政府がまともに機能していないと、マキナニー中将は考えているようだ。

州知事たちも裁判官も悪の手に落ち、選挙管理の役人たちも組織化された国家転覆を図る選挙不正に参加している。

民主党などに巣食う国内の左派勢力のみならず、ロシア、中国、イランがアメリカに対する露骨なサイバー戦を仕掛けてきたのであり、大統領は2018年の9月に発令した大統領令に基づき、国家非常事態宣言を行い、思い切った大量の逮捕も行うべきであるとも述べている。

WTPCは議会や裁判所が憲法に従わないなら、選挙のやり直しによって私たちの投票が守られるように、限定的な戒厳令を敷くようトランプ大統領に求めるという全面広告を、保守系のワシントン・タイムズ紙で行った。

広告の中でWTPCは、内乱より戒厳令のほうが好ましいとしている。

かのリンカーン大統領も南北戦争に至っては戒厳令を敷き、リンカーンに反対する無数の新聞社に閉鎖を命じてそのオーナーや編集者を逮捕したり、リンカーンに反対する議員の逮捕も行った。南部寄りの発言を理由に逮捕されたのは新聞社系だけでない。メリーランド州だけでも数千人以上が逮捕されている。最高裁裁判長のロジャー・テイニーがリンカーンは合衆国憲法に違反したと規定した時に、リンカーンはテイニーの逮捕を行うよう命じた。

こうしたリンカーンの強権的な権力の発動が合衆国を救い出す責任ある行動だったことを否定する者はいない。あのオバマでさえ歴代最高の大統領としてリンカーンを挙げている。今日の合衆国に対する国内外の左派勢力の差し迫った脅威は、南北戦争の時よりも深刻だ。資金も潤沢で訓練されているアンティファやBLMが大手を振って暴力をふるうのを、民主党系の政治家や役人が協力している。トランプ政権誕生以降、この合法的政権を排除しようとするクーデターが4年にわたって続けられきた。自分たちが選んだ人物が国民の代表として政治を担うという仕組みを破壊する試みを、絶対に許すことはできない。

MTPCはざっとこんなことを述べている。

アメリカをめぐる現在の空気感がここまで緊迫していることを、我々は理解すべきだろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

wethepeopleconvention.orgの記事
https://wethepeopleconvention.org/articles/WTPC-Urges-Limited-Martial-Law
headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/01/wtpc-calls-for-president-trump-to-declare-limited-martial-law/
戒厳令の画像
https://offgridsurvival.com/wp-content/themes/church_10/images/2015/07/militarystylepolice.jpg
マキナニー中将の画像
https://headlines360.files.wordpress.com/2020/11/air-force-general-exposes-cia-vote-hacking.jpg
WTPCの画像
https://structurecms-staging-psyclone.netdna-ssl.com/client_assets/wethepeopleconvention_org/media/picture/5fc4/46e1/8710/ec36/626f/05d8/content_MartialLawPressRelease.jpg?1606698721

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香 豊)

    世界各国の記者で作る「国際調査報道ジャーナリスト連合」は、中国…

  3. 安全保障

    サウジへの派遣軍の増員は抑止と防衛のためだ=ポンペオ国務長官 (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受けて…

  4. 道理

    自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を政府が支援!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自動…

  5. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  6. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、反政府抗議デモが続く香港について、アメリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)
  4. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    共和党グリーン議員が委員会から放逐! 過去のQアノン支持はダメなのか?(朝香 豊…
PAGE TOP