安全保障

北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

北朝鮮の国防科学院は、「(先週に引き続いて)衛星発射場で重大な実験が行われた。成果は、わが国の核戦争抑止力を一層強化するために適用されるだろう」と発表した。

朝鮮人民軍の朴正天総参謀長も、「(実験の成果は)米国の核の脅威を牽制、制圧する別の戦略兵器開発に適用される」と表明、アメリカに対して「われわれを刺激する言動を控えてこそ年末を安らかに過ごせるだろう」と挑発した。

アメリカを相手に「核戦争抑止力」を高らかに謳っているのが、今回の特徴だ。

以上から、米国本土に届くICBMに関連する高出力エンジンの実験だと見られている。

先週の実験が液体燃料エンジンの燃焼実験だったと分析されているので、今回は固体燃料エンジンの燃焼実験だったのではないだろうか。

北朝鮮がここまで強気なのは、アメリカは口だけで、現実には行動を起こせないと見ているのだろう。

確かに、韓国がアメリカに協力的ではなく、北朝鮮を制圧するための地上戦を展開しにくいことや、朝鮮半島に対処している間に中国が台湾や尖閣諸島に攻め込んできた場合に、アメリカにはこれらに同時に対処する能力がないことからすれば、北朝鮮の見立ては正しそうに見える。

ただ、アメリカの激しい威嚇を受けて北朝鮮内部でも疑心暗鬼は高まっているはずで、クーデター的なことが北朝鮮内部で発生する可能性もあるし、それをアメリカが意図的に追求している可能性も当然ある。

アメリカ、北朝鮮の双方の思惑違いから、偶発的にミサイルが飛び交う事態に変化することも、ありえなくはない。

北朝鮮の挑発を、我々はもっと深刻に受け止めるべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191214/wor1912140017-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)

    米国務省のクラーク次官は「関係の力は自由と法治主義の価値などを…

  2. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)

    政府は安全保障上重要な日本企業への外資の出資規制を強化する方向…

  3. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)

    マサチューセッツ工科大学は商務省のエンティティリスト(ブラック…

  4. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊)

    アメリカはギリシャ北部のアレクサンドルーポリ港の民営化に積極的…

  5. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  6. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 安全保障

    はしかの予防接種に悪影響! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    仲裁裁判所の判決を無視しろ、そうしたら南シナ海の共同開発の利権を与えてやると、中…
  3. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    参議院の委員会で中国の人権問題が取り上げられる! 臓器狩りも!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)
PAGE TOP