人権・民主主義

「表現の不自由展」が台湾の美術館で開催予定! なんとか止めたい!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「あいちトリエンナーレ2019」で物議を醸した「表現の不自由展・その後」が、台湾の台北当代芸術館で今年4月に開催される予定となっている。

台湾側は「美術手帖」の取材に対して、以下のようなコメントをしている。

「台湾には現在、アートや文化に対する検閲はない。しかし、アートや文学などはいまだに伝統的な考え方に制限されている。台湾の歴史を見ると、過去には様々な検閲が実際にあった。例えば日本統治時代の台湾では、特定の歌を歌うことができなかった。また台湾には白色テロの時代があり、戒厳令解除後でも一時的に様々な制限があった。今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」

このコメントを読む限り、台湾側の判断は国民党寄りの立場からなされているものではないことがわかる。

だから、台湾側はこの展示の問題点を具体的には理解していない可能性がある。

具体的な出品作品や作家に関しては、現在も日本側と検討している段階だそうだ。

おそらく館長に当たるのは Charles Ross という人で、おそらくは台湾人ではないのだろう。(肩書は「常務総監」となっていた。)

この人がどういう背景を持つかは全くわからないが、反体制的な芸術に対する強い理解のある、リベラル色の強い方である可能性が高いのだろうと思う。

国民党系、中共系というわけではなさそうだ。

こういう人を心の底から説得しようと考えて、ぜひ彼に向けて説得のメールを送ってもらいたい。

頑張って英語にしなくても、Please allow me to write in Japanese. などと断っておけば、日本語のわかる人を探して読んでもらえるのではないかと思う。

私が17日に投稿した、朝日新聞の社説の批判記事なんかを参考にしてもらえたらとも思う。

おぞましい作品を台湾で展示させないために、ぜひご協力ください。

メールアドレスは以下です。

cr@taipeidangdai.com

私も後ほど、自分の拙い英語でなんとかメールをしてみようと思っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる美術手帖の記事
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/21203
台北当代芸術館のウェブページ
https://taipeidangdai.com

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    記者6人が警察の暴力に抗議したことに対抗して、香港警察が記者会見を中止!(朝香 豊)

    香港メディアの記者6人は、香港警察の暴力に対して抗議の意思を示…

  2. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!方方…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察がチョ・グク法相の自宅を家宅捜索! (朝香 豊)

    韓国検察は文在寅政権の圧力に怯まず、チョ・グク法相の疑惑捜査を…

  4. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  5. 人権・民主主義

    韓国LA領事館でもセクハラ! 懲戒手続きは進まず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)
  4. 経済

    ドイツの銀行が顧客にマイナス金利を求める事態へ! 日本に飛び火?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)
PAGE TOP