道理

BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカには、お金持ちの人たちばかりが住む「ゲイティッド・コミュニティー」と呼ばれる地域がある。

この地区は塀で取り囲まれ、中に入るには門番がいる門を通過しなければならない。

門番が住人であることを確認しないと、中には入ることができない。

住人の知人も、住人と一緒でないと中には入れない。

こういう制度によって、高いセキュリティーの中で生活ができるため、お金持ちには人気がある。

さて、セントルイスにあるゲイティッド・コミュニティーに、「黒人の命は大切」(BLM : Black Lives Matter)運動の活動家たち300人が、門を押し破って入り込んだ。

彼らは太鼓のようなものを鳴らし、叫び声を上げながら、市長のもとに抗議のための行進を行っていた。

この時に、このコミュニティーの住人の弁護士夫妻が、彼らの生命や財産が危険にさらされるのではないかと恐れ、銃を取り出して威嚇した。

さて、この状況でこの弁護士夫妻の取った行動はセーフだろうか、アウトだろうか。

アメリカでならという前提条件は付くが、私はこの程度はセーフだと思う。

活動家たちはこの「ゲーティッドコミュニティー」の入口の門を押し破って入ってきているのであり、市長のもとに「平和的」な行進を行っていただけだなどとはとても言えないと考えるからだ。

だが、「リベラル」マスコミはどうやらアウトだという判断のようだ。

彼らによると、活動家たちは平和的に通り過ぎていただけであり、弁護士夫婦を特定して危害を加えようとする行動には出ていないのだから、銃を取り出して威嚇するような行動は行きすぎだというわけだ。

さて、皆さんはどう思うのだろうか。

各人が自分なりの答をぜひとも持ってもらいたいものだ。

この時の状況を撮影した動画を下の方に貼り付けておくので、それを参考にしてもらってもいい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNew York Postの記事
https://nypost.com/2020/06/29/st-louis-couple-draw-firearms-on-protesters-outside-their-home/
画像はMEDIAITEの記事から
https://www.mediaite.com/news/watch-st-louis-couple-emerge-from-mansion-brandishing-weapons-to-blm-protestors/
https://am14.mediaite.com/med/cnt/uploads/2020/06/Mark-and-Patricia-McClosky-brandish-guns-at-Black-Lives-Matter-protesters-featured-image-via-screenshot.jpg

セントルイスで弁護士夫妻がBLM運動家に銃を向ける動画

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  2. 人権・民主主義

    単純な算数でわかる今回の不正選挙! バイデン勝利はありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  3. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ワル…

  4. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  5. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    安倍総理から野党と偏向マスコミに対する皮肉か? 官邸での記者会見で!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    TikTokで中国のウイグル政策を批判した女子高生、アカウントが一時停止に! (…
PAGE TOP