道理

BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカには、お金持ちの人たちばかりが住む「ゲイティッド・コミュニティー」と呼ばれる地域がある。

この地区は塀で取り囲まれ、中に入るには門番がいる門を通過しなければならない。

門番が住人であることを確認しないと、中には入ることができない。

住人の知人も、住人と一緒でないと中には入れない。

こういう制度によって、高いセキュリティーの中で生活ができるため、お金持ちには人気がある。

さて、セントルイスにあるゲイティッド・コミュニティーに、「黒人の命は大切」(BLM : Black Lives Matter)運動の活動家たち300人が、門を押し破って入り込んだ。

彼らは太鼓のようなものを鳴らし、叫び声を上げながら、市長のもとに抗議のための行進を行っていた。

この時に、このコミュニティーの住人の弁護士夫妻が、彼らの生命や財産が危険にさらされるのではないかと恐れ、銃を取り出して威嚇した。

さて、この状況でこの弁護士夫妻の取った行動はセーフだろうか、アウトだろうか。

アメリカでならという前提条件は付くが、私はこの程度はセーフだと思う。

活動家たちはこの「ゲーティッドコミュニティー」の入口の門を押し破って入ってきているのであり、市長のもとに「平和的」な行進を行っていただけだなどとはとても言えないと考えるからだ。

だが、「リベラル」マスコミはどうやらアウトだという判断のようだ。

彼らによると、活動家たちは平和的に通り過ぎていただけであり、弁護士夫婦を特定して危害を加えようとする行動には出ていないのだから、銃を取り出して威嚇するような行動は行きすぎだというわけだ。

さて、皆さんはどう思うのだろうか。

各人が自分なりの答をぜひとも持ってもらいたいものだ。

この時の状況を撮影した動画を下の方に貼り付けておくので、それを参考にしてもらってもいい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNew York Postの記事
https://nypost.com/2020/06/29/st-louis-couple-draw-firearms-on-protesters-outside-their-home/
画像はMEDIAITEの記事から
https://www.mediaite.com/news/watch-st-louis-couple-emerge-from-mansion-brandishing-weapons-to-blm-protestors/
https://am14.mediaite.com/med/cnt/uploads/2020/06/Mark-and-Patricia-McClosky-brandish-guns-at-Black-Lives-Matter-protesters-featured-image-via-screenshot.jpg

セントルイスで弁護士夫妻がBLM運動家に銃を向ける動画

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小池…

  2. 道理

    旭日旗禁止のために払う韓国側の「努力」を笑ってはならない

    旭日旗を禁止させようとする韓国側のプロパガンダは着実な広がりを…

  3. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

    中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。…

  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

  5. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  6. 道理

    自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を政府が支援!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自動…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)
  2. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    フェイスブックが反中共姿勢を鮮明にする新聞の広告を拒絶! 共和党下院議員が問題視…
  4. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
PAGE TOP