安全保障

多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際組織に対する影響力を拡大させている。

国連では、中国人職員数が最も多い。

国連の多くの関係機関は、中国共産党員が上役を担っている。

国際組織に在籍するすべての中国政府代表者は、共産党の指示に従っている。

中国の一帯一路計画にも国連は組み込まれている。

米上院のトード・ヤング議員とジェフ・マークレイ議員は、中国共産党による国連への影響力と活動の調査を求める法案を上院外交委員会に提出した。

アメリカは国連の中国対策を考え、動き出した。まだ初動にすぎないが、次のステップに期待したい。

これと関連する大紀元時報の記事

これに関連する画像はリンク先より引用

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    外交

    文在寅大統領が ASEAN で日本はずし工作を始める 

    文在寅大統領は、「我々にとって ASEAN との協力は持続…

  2. 安全保障

    中国、チェコを脅迫! 台湾訪問団を取りやめろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!チェ…

  3. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!使い…

  4. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    厚労省のウイルス対応の目安は現実的ではない! もっと「危ない」提案を求める!(朝…
  4. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  5. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)
PAGE TOP