安全保障

多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際組織に対する影響力を拡大させている。

国連では、中国人職員数が最も多い。

国連の多くの関係機関は、中国共産党員が上役を担っている。

国際組織に在籍するすべての中国政府代表者は、共産党の指示に従っている。

中国の一帯一路計画にも国連は組み込まれている。

米上院のトード・ヤング議員とジェフ・マークレイ議員は、中国共産党による国連への影響力と活動の調査を求める法案を上院外交委員会に提出した。

アメリカは国連の中国対策を考え、動き出した。まだ初動にすぎないが、次のステップに期待したい。

これと関連する大紀元時報の記事

これに関連する画像はリンク先より引用

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 豊)

    来年1月完成予定の北海道議会新庁舎に自民党が議員控室の喫煙所設…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

    防衛省が北朝鮮の短距離弾道ミサイルについて、1)ロシアの「イス…

  5. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    「アンティファ」のテロ組織指定は難しい! それでもバイデン氏には厳しい!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    アリゾナ州議会の主張が認められる! マリコパ郡の選挙不正疑惑!(朝香豊)
  4. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)
PAGE TOP