安全保障

多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際組織に対する影響力を拡大させている。

国連では、中国人職員数が最も多い。

国連の多くの関係機関は、中国共産党員が上役を担っている。

国際組織に在籍するすべての中国政府代表者は、共産党の指示に従っている。

中国の一帯一路計画にも国連は組み込まれている。

米上院のトード・ヤング議員とジェフ・マークレイ議員は、中国共産党による国連への影響力と活動の調査を求める法案を上院外交委員会に提出した。

アメリカは国連の中国対策を考え、動き出した。まだ初動にすぎないが、次のステップに期待したい。

これと関連する大紀元時報の記事

これに関連する画像はリンク先より引用

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)

    中国政府は、香港に呼び鈴を送った人を逮捕した。呼び鈴に…

  5. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  6. 人権・民主主義

    中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)

    中国を風刺したことで中国政府から完全に締め出しを食らった、アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
  3. 道理

    ニューヨーク州などが反トラスト法違反の疑いでフェイスブックを調査へ
  4. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(…
  5. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)
PAGE TOP