安全保障

新型コロナの開発中のワクチンの臨床試験開始! ただ実用化はまだまだ先!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスについて、アメリカ国立衛生研究所と「モデルナ」社との共同で開発中のワクチンの臨床試験が始まった。

このワクチンは通常のワクチンとはぜんぜん違うもののようだ。

通常のワクチンは、病原体となるウイルスを非活性化したものを利用するが、今回はウイルスの遺伝子に含まれるメッセンジャーRNAを利用するというものだそうだ。

なので、治験者にはウイルスがそのまま注射されるわけではないので、新型コロナウイルスに感染するリスクはないと考えられている。

ただ、まだ知られていないことが数多く存在するため、危険な副作用が絶対にないとは、現段階では言い切れないことになる。

今回はまだワクチンの有効性を確認する段階ではなく、ウイルスのメッセンジャーRNAを投与しても健康に影響が出ないかどうかを確認する段階のようだ。

安全性と効果が確認されて実際に接種が可能になるのは、順調に行っても1年〜1年半かかるとのことで、まだ道のりは長いというのが実際のところだ。

もどかしい思いだが、実用化を待つしかない。

なお、ワクチン開発には他にもたくさんの企業がいろんなタイプで参入しているので、互いに競い合っていいワクチンが生まれることを期待している。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200317/k10012335081000.html
ネタ元のテック・クランチの記事
https://jp.techcrunch.com/2020/03/17/2020-03-16-first-clinical-human-trial-of-potential-coronavirus-vaccine-set-to-start-monday/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米商…

  3. 安全保障

    尖閣で武力行使容認! 中国「海警法」制定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    オリンピック組織委員会参与の夏野剛氏の「アホな国民感情」発言が問題視される! 真…
  2. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)
PAGE TOP