経済

痛みを伴う社会制度改革などいらない 経済同友会の経済観は間違っている!


経済同友会の桜田代表幹事は、「10年、20年先を見据え、年金、医療、介護の分野で痛みを伴う社会制度改革をやらないといけない」と語った。桜田代表幹事はあまり経済の仕組みがよくわかっていないようだ。

政府が多額の社会保障給付を行なった結果として、国内の生産力を超えるような需要を生み出すとすれば、その時には悪性インフレになる。

だが、国内の生産力で供給が賄える範囲内であれば、仮に政府が財政赤字を拡大させても、需給バランスが崩れることはないから、悪性インフレが生じることはありえない。

国民を豊かにし、将来の不安を解消するのに最も大切なのは、国の産業力・生産力を拡大することであり、そのためにはその産業力・生産力を賄えるだけの需要力を高めることだ。

そのためには政府支出を拡大することも必要だし、完全雇用状態が続くことで緩めの人手不足状態が継続して、賃金が緩やかに上昇していくことも必要だ。

国内の生産力が順調に伸びているなら、痛みを伴う社会制度改革など全く必要ないだろう。

日本はこの点で20年以上も間違った政策を続けてきて、世界の中での日本の相対的地位を引き下げてきた。

どうして従来の発想が間違っていたかもしれないと、考え直すことができないのだろう。それが日本の不幸だ。

これに関連する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

  2. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  3. 経済

    真水で10兆円の補正予算か! 国債は3年ぶりに増発へ! (朝香 豊)

    政府は、策定中の令和元年度補正予算案で赤字国債を発行する方向で…

  4. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)

    韓国の消費者金融の大手4社のうち3社が、2024年までに相次い…

  5. 経済

    ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)

    オシャレなシェアオフィスで知られるWeWorkは、現在資金繰り…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国で市長選挙への大統領府不正介入で、検察が再び家宅捜査へ!(朝香 豊)
  2. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している
  3. 人権・民主主義

    香港民主活動家の黄之鋒氏が、米議会内の公聴会で「香港人権・民主法案」の制定を促す…
  4. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    政治・社会風刺を売り物にする米人気アニメ番組を中国は完全排除へ!(朝香 豊)
PAGE TOP