経済

痛みを伴う社会制度改革などいらない 経済同友会の経済観は間違っている!


経済同友会の桜田代表幹事は、「10年、20年先を見据え、年金、医療、介護の分野で痛みを伴う社会制度改革をやらないといけない」と語った。桜田代表幹事はあまり経済の仕組みがよくわかっていないようだ。

政府が多額の社会保障給付を行なった結果として、国内の生産力を超えるような需要を生み出すとすれば、その時には悪性インフレになる。

だが、国内の生産力で供給が賄える範囲内であれば、仮に政府が財政赤字を拡大させても、需給バランスが崩れることはないから、悪性インフレが生じることはありえない。

国民を豊かにし、将来の不安を解消するのに最も大切なのは、国の産業力・生産力を拡大することであり、そのためにはその産業力・生産力を賄えるだけの需要力を高めることだ。

そのためには政府支出を拡大することも必要だし、完全雇用状態が続くことで緩めの人手不足状態が継続して、賃金が緩やかに上昇していくことも必要だ。

国内の生産力が順調に伸びているなら、痛みを伴う社会制度改革など全く必要ないだろう。

日本はこの点で20年以上も間違った政策を続けてきて、世界の中での日本の相対的地位を引き下げてきた。

どうして従来の発想が間違っていたかもしれないと、考え直すことができないのだろう。それが日本の不幸だ。

これに関連する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

    IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通…

  2. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)

    日本の8月の貿易収支は2カ月連続の赤字になったが、これは大した…

  4. 経済

    アメリカの失業登録が7週間で3300万人増加! 失業率20%超えの模様! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)

    有機ELを新技術で量産化する世界で初めての生産ラインが、JOL…

  6. 経済

    中国の情報統制は、現実離れしたレベルに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)
  3. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)
PAGE TOP