経済

痛みを伴う社会制度改革などいらない 経済同友会の経済観は間違っている!


経済同友会の桜田代表幹事は、「10年、20年先を見据え、年金、医療、介護の分野で痛みを伴う社会制度改革をやらないといけない」と語った。桜田代表幹事はあまり経済の仕組みがよくわかっていないようだ。

政府が多額の社会保障給付を行なった結果として、国内の生産力を超えるような需要を生み出すとすれば、その時には悪性インフレになる。

だが、国内の生産力で供給が賄える範囲内であれば、仮に政府が財政赤字を拡大させても、需給バランスが崩れることはないから、悪性インフレが生じることはありえない。

国民を豊かにし、将来の不安を解消するのに最も大切なのは、国の産業力・生産力を拡大することであり、そのためにはその産業力・生産力を賄えるだけの需要力を高めることだ。

そのためには政府支出を拡大することも必要だし、完全雇用状態が続くことで緩めの人手不足状態が継続して、賃金が緩やかに上昇していくことも必要だ。

国内の生産力が順調に伸びているなら、痛みを伴う社会制度改革など全く必要ないだろう。

日本はこの点で20年以上も間違った政策を続けてきて、世界の中での日本の相対的地位を引き下げてきた。

どうして従来の発想が間違っていたかもしれないと、考え直すことができないのだろう。それが日本の不幸だ。

これに関連する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    存在感が増す台湾! 新型コロナウイルス対策で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)

    中国財政省が60億ドル規模のドル建て債を募集のガイダンスを行っ…

  4. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

  5. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    景気悪化に苦しむ韓国! 2年間で資金繰りが苦しいと答える経営者が2割増加。(朝香 豊)

    韓国では中秋節にちょっとした賞与を出す慣例があるらしい。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    山林での太陽光発電に規制法を作れ! 各地で相次ぐトラブル!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国政府相手にコンサルタント! ハンター・バイデン設立のソーントン・グループ!(…
  3. 道理

    八ッ場ダム対応での民主党批判はナンセンスだと、立憲民主党!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本のジャーナリズムが「国家の宣伝要員になりつつある」んだって! またまた迷惑な…
  5. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ
PAGE TOP