安全保障

太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ミクロネシア連邦、キリバス、ナウルの太平洋の島嶼国を光海底ケーブルで結ぶ事業計画の入札が無効になった。この計画は世界銀行とアジア開発銀行が資金を支援し、3カ国の通信事業者でつくるコンソーシアムが所有者となることを前提で進められてきたものである。入札は2020年5月に実施され、日本のNEC、フランスのアルカテル・サブマリン・ネットワークス、中国の華海通信技術が応札し、最も安い価格を提示した華海通信技術がこのまま受注するものだと見られていた。

コンソーシアム側は「応札者はいずれも必要な条件を満たしておらず、入札を無効にする」と通知した。なお、今回計画されていたケーブルは、敷設済みの別のケーブルを介して米グアムにもつなる計画にもなっていた。

海底ケーブルは中継器や陸揚げ拠点などで通信データを抜き取ったり、場合によっては遮断することも技術的には可能だ。これを前提とした場合に、中国企業が絡むのは当然避けるべきことになる。日米豪は中国企業の受注を安全保障上の見地から警戒し、事業を進める3カ国や、事業資金の貸し出しを行う世銀に対して入札の見直しを申し入れていた。そしてこれが実った形だ。

そもそもこの事業は中国の通信大手の中国電信などに技術を依存する前提だったのだが、コンソーシアム側は政府の懸念に対応する形でシステムを再設計するとしており、中国企業が絡む形を排除する意向のようだ。3カ国は今後こうした前提のもとに再入札に踏み切る公算が大きいと見られている。

太平洋の島嶼国の中では、近年中国の影響力の増大が指摘されていた。例えば、今回の事業計画に関わる国の1つであるキリバスは、2019年に国交の相手を台湾から中国に切り替えていたことでも知られる。

だが、トレンドは明らかに変わった。この1〜2年で対中警戒網が大きく広がり、世界の国々の中国との付き合い方が大きく変容している。それを象徴する出来事ではないだろうか。

今後さらに中国への締め付けが強化されていくであろう。また中国側に対外工作を行う経済力が今後失われていく中で、この点から掌返しに動く国も増えていくことも予想される。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF021U30S1A300C2000000/
太平洋島嶼国の光ケーブル計画の画像
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXZQO0368945006032021000000-4.jpg?w=638&h=488&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=45&fit=crop&bg=FFFFFF&ixlib=js-1.4.1&s=b3260ce2c64c78d4b596349fbe9f4fe8

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  2. 中国

    武漢市葬儀場が遺体の運搬スタッフ募集! 時給15000円超!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)

    ホンハイ精密工業の創業者の郭台銘氏は台湾総統選挙に無所属では立…

  4. 人権・民主主義

    トルコでも反中デモが! ウイグル政策に反発! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小池…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)
  3. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米軍がタリバンに残した武器類は総額10兆円近く! バイデンは意図的にやっている?…
  5. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
PAGE TOP