経済

安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)

安倍総理は閣議で、「復旧復興の取り組みを加速し、海外発のリスクへの対応、生産性の向上などのため、経済対策を策定する」と述べ、台風など大規模災害への対策や景気底上げのための経済対策をまとめるよう指示した。

これを受けて、西村康稔経済再生担当相は、経済対策を「災害からの復旧・復興」「経済下振れリスクの克服支援」「東京五輪後を見据えた景気失速回避」の3本柱とすることを明らかにした。

対策総額は5兆円を超えるとの見方も出ている。

ただ、この数字が真水なのかどうかがまず問題である。真水であると信じたいが、事業規模を大きく見せるためのハッタリかもしれないという懸念はぬぐえない。

仮に真水だとしても、この事業規模は本年度の補正予算と来年度予算を含んだ数字で、単年度で考えると2〜3兆円に過ぎない。

本年度で真水で5兆円積み増し、来年度は今年度水準からさらに5兆円の積み増しくらいになるくらいに手厚い下支えを考えてもらいたい。

その点ではまだまだではあるが、目下の景気減速に対処する姿勢を見せはじめたことは評価できる。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/economy/news/191108/ecn1911080020-n1.html
トップ画像はhttps://www.sankei.com/images/news/190912/plt1909120014-p1.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

  2. 経済

    経済財政諮問会議で、積極財政の方針が打ち出される!(朝香 豊)

    政府が開いた経済財政諮問会議において、外需の弱さが続くなど日本…

  3. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)

    小型国際郵便の料金の設定の仕方がおかしいとし、万国郵便連合から…

  4. 経済

    ドイツ銀行はデフォルトではない! 誤解はしないで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    荒唐無稽なホワイトハット! こんなものに騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!知り…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香…
  3. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝…
  4. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    黒人犯殺害で、アトランタ警察署長辞任! 「黒人の命」より「警察解体」!(朝香 豊…
PAGE TOP