安全保障

中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画 !? トランプ政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ホワイトハウスの元首席戦略官スティーブ・バノン氏は、ネット番組 “War Room:Pandemic” を主宰している。

同番組の5月9日公開分には、ファーウェイの元エンジニアだという「ハイゼンベルク」と名乗るゲストが登場した。

同氏の主張は概略としては以下のようなものだ。

ファーウェイの設備に仕込まれているバックドアは、中国軍と情報部門のためのもので、ユーザーのあらゆる情報を入手することができる。

ファーウェイはこうした技術を持っているので、中国共産党の世界浸透戦略において重要な役割を果たしている。

ファーウェイは中国政府の資金援助を受けて、低価格を武器に5G機器などを世界に広げ、インターネットからの情報収集をどんどん広げようとしている。

また、中国共産党が新型コロナウイルスの情報を隠ぺいできたのは、ファーウェイが提供するビッグデータ監視システムとネット情報検閲システムで、ネットの情報を検閲・封鎖したからだ。

ファーウェイはこうしたシステムを、中国の国外にも広く拡大させようとしている。

従って、国際世界はこうしたファーウェイや中国共産党の取り組みに真剣に対処しなければならない。

さて、ファーウェイが採用しているネット封鎖システムは、アメリカの会社シスコシステムズが開発したディープ・パケット・インスペクションという技術を採用している。

こうした中国側の手の内を知っているという意味なのか、シンクタンク「21世紀のイノベーション」のCEOでもあるマイケル・ホロヴィッツ氏は、「米政府が30憶ドルを投入し、米国の一流大学が持つ重要な情報技術を応用すれば、今年の大統領選前(10月末)に中国のネット検閲システムを破壊することは可能だ」と述べた。

バノン氏も、米トランプ政権の上層部は中国のネット検閲システムを破壊する具体的な方法について議論したと述べた。

中国側もやられる一方ではないだろうから、どうなるのかわからないが、中国のネット検閲システムを破壊することに仮にアメリカが成功し、中国側がこれをなかなか復旧できないという事態に陥るというようなことが、ひょっとしたらあるのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/05/56571.html
画像は同記事から
https://img.epochtimes.jp/i/2019/06/28/t_vd6yjizympqqvlfabnqu.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    FRBもデジタル通貨発行に向けて動き出す! 日本も研究を加速せよ!(朝香 豊)

    囲み枠b人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いしま…

  2. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  3. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 道理

    ウォームビア夫妻が執念の北朝鮮への報復! 全世界の隠し資産を探求!(朝香 豊)
  3. 道理

    「正義」であれば、勝手に何をやっても許されるのか? 断固取り締まるべき!(朝香 …
  4. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
PAGE TOP