経済

IMFがGDPの2.3倍に膨れ上がった世界の債務残高を警告!(朝香 豊)

IMFのゲオルギエワ専務理事は、世界の債務が1年前より10%以上増えて約2京円に達し、過去最大となったことを明らかにした。

債務の拡大スピードが世界経済の拡大スピードを大きく上回っている状況となっている。

すなわち、経済の拡大とあまり結びつかずに債務が拡大している状況になっているわけだ。

債務の合計は世界のGDPの合計値の2.3倍にも達した。

このため、経済が減速すれば、政府や家計を危機に陥れるリスクが高い。

新興国の公的債務のレベルは1980年代の債務危機の際の水準に達していることも指摘した。

中国が発展途上国に行っている融資を念頭に置きながら、債務の透明性を高めたり、返済条件の変更をすすめるなどして、債務が持続可能なものにすることを、ゲオルギエワ専務理事は求めた。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/economy/news/191107/ecn1911070025-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    ファーウェイがフランスに工場建設か! どうせならエリクソンを誘致したら?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  2. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)

    「第16回日中韓FTA公式交渉」が27日からソウルで開催される…

  4. 経済

    中国の配車サービスのDiDiに中国政府が圧力! 上場したてのアメリカの投資家に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!過去…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    非現実の極みの第6次エネルギー基本計画案! パブリックコメントに声を届けよう!(…
  2. 人権・民主主義

    武漢発新型肺炎で、WHOがまさかの緊急事態宣言見送り! 中国の影響力のためか?(…
  3. 道理

    何があっても憲法審査会の開催に反対の立民・共産! 彼らを除外して毎週定例会を開け…
  4. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)
PAGE TOP