経済

広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

広東省での感染拡大などにより、中国経済に対する不透明感が再び高まっている。

6月6日に東莞、湛江などの6都市、7日に広州、佛山などの9都市、8日に恵州、汕尾の2都市、19日には深圳、珠海が感染地域に指定された。中国疾病予防管理センターによると、広東省内では6月21日段階で高リスク地域が1カ所、中リスク地域が12カ所あるとされる。

当局は省内の各都市の入り口に検問所を設置し、必要な人員以外の感染地域への出入りを厳しく禁止する一方で、住民全員を対象とするPCR検査を進めている。

港湾労働者の感染が確認されたことから、深圳市にある塩田国際コンテナターミナルは5月下旬に1週間近く閉鎖された。現在では通常期の7割程度まで作業は回復しているとされるが、再び閉鎖されるのは時間の問題だろう。ちなみに塩田国際コンテナターミナルは世界第3位の取扱量を誇り、ここの機能不全は世界全体の物流にも大きな影響を与える。

深圳空港ではターミナル内のすべての店舗を閉鎖し、1日あたり400便を超える大量のフライトがキャンセルされている。

電力不足も深刻である。オーストラリアからの石炭輸入制限を継続する中、主力の石炭火力発電が十分に機能せず、広東省を中心に週2日〜3日に及ぶ休業要請を受けている企業は多い。4Gの3倍以上の消費電力を必要とする5Gの普及を中国政府が積極的にすすめていることも電力不足に拍車をかけている。事故を起こしている台山原子力発電所の操業さえ未だに停止していない。電力不足は南部から徐々に北部に向かって拡大し、安徽省や山東省にまで広がってきた。夏になって気温が上昇してきたことも関係しているかもしれない。

中国では休業補償の類は原則的にはないため、長引くロックダウンで倒産せざるをえなくなっている事業者もかなり多いと見られる。当然、失業者も増えており、抗議活動なども起こっている。

中国経済についてはなぜか景気のいい話ばかりが日本のマスコミには登場するが、かなり異なる様相を呈しているのが実際ではないかと思う。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB2314B0T20C21A6000000/
www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/06/74898.html
www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/06/74910.html
閉鎖された空港の画像
https://images.wsj.net/im-188434?width=1280&size=1.77777778

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ハイチ大統領の殺害! 真の黒幕は中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  2. 経済

    資本論をブームとして持ち上げるNHK ! 実は自らがブームの火付け役のマッチポンプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!およ…

  3. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)

    ホンハイ精密工業の創業者の郭台銘氏は台湾総統選挙に無所属では立…

  4. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  5. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  6. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の杭州市、民間企業100社に政府職員を派遣へ! 民間企業にはさらに中共の影響…
  2. 人権・民主主義

    中国大使がスウェーデンの報道機関を脅迫! スウェーデン政府が呼び出して抗議!(朝…
  3. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)
PAGE TOP