安全保障

世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発の新型コロナウイルスによる肺炎は、アメリカでも人から人への感染が2件起こっている。

どちらの感染も夫婦間のもので、最近武漢を訪問した妻から行っていない夫に移された例と、逆に最近武漢を訪問した夫から行っていない妻に移された例がある。

フィリピンでは44歳の男性が亡くなったことが報じられたが、これも一緒に武漢を旅行した38歳の女性から感染したと見られている。

このように、人から人への感染は、様々な国で観測されている。

報道ベースでも、他にドイツ、韓国、タイ、ベトナム、フランスなどであがっていたかと思う。

感染症研究の世界的権威でもある、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所所長のアンソニー・フォーシ博士は、「このコロナウイルスは、非常に、非常に伝染力がある。パンデミックになるのはほぼ確実だ。」と述べた。

パンデミックとは、全世界的にこのウイルスの感染が広がることを言う。

2月4日段階で、このウイルス感染はすでに26カ国で確認されている。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の前ディレクター、トーマス・フリーデン博士は、「ウイルスはいよいよ封じ込められなくなりそうだ。だから、インフルエンザや他の微生物のように感染が拡大するだろう。」と述べている。

WHOは、中国への渡航制限や物流の規制はいらないとしているが、中国ベッタリのWHOの言うことをまともに信じるほうが間違っているだろう。

アメリカは、新型コロナウイルスがパンデミックになることを想定した段階にフェーズを変えた。

こうしたウイルス検査については、通常であれば分析ためにCDCに対して検体を送る必要があるが、今回の新型コロナウイルスの検査については緊急事態であるがゆえに、各地の病院や医療当局がCDCに検体を送らずにそれぞれで検査を行い、判定できるようにするとしている。

対応を迅速化する必要があるからだ。

さらにアメリカは、新型コロナウイルスの対策コストとして、2億5000万ドル近い緊急予算を用意することにした。

日本ではパンデミックになる可能性もあるとの想定のもとで、対策を打っているとはとても言えない。

すでにアメリカよりも深刻さのレベルが高いにもかかわらず、アメリカよりも2歩も3歩も遅れた対応を取っているのではないだろうか。

この件についても、首相官邸に、みんなで意見を送ろうではないか。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-03/Q5588VT0AFB501?srnd=cojp-v2
ネタ元となるYahoo Newsの記事
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200204-00161616/
画像は国立感染症研究所のページから
https://www.niid.go.jp/niid/ja/basic-science/virology/9369-2020-virology-s1.html
https://www.niid.go.jp/niid/images/images/nCoV/2019nCoV-200130monos_niid.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    大阪で新たに149人感染! だが重傷者はゼロ! 進む弱毒化?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルス人工説! 台湾大学教授も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?

    北朝鮮が今日(9月10日)発射した「飛翔体」について、種別や飛…

  4. 安全保障

    国防権限法案2020について、米上下両院が合意!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
  3. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)
  4. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)
PAGE TOP