安全保障

世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発の新型コロナウイルスによる肺炎は、アメリカでも人から人への感染が2件起こっている。

どちらの感染も夫婦間のもので、最近武漢を訪問した妻から行っていない夫に移された例と、逆に最近武漢を訪問した夫から行っていない妻に移された例がある。

フィリピンでは44歳の男性が亡くなったことが報じられたが、これも一緒に武漢を旅行した38歳の女性から感染したと見られている。

このように、人から人への感染は、様々な国で観測されている。

報道ベースでも、他にドイツ、韓国、タイ、ベトナム、フランスなどであがっていたかと思う。

感染症研究の世界的権威でもある、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所所長のアンソニー・フォーシ博士は、「このコロナウイルスは、非常に、非常に伝染力がある。パンデミックになるのはほぼ確実だ。」と述べた。

パンデミックとは、全世界的にこのウイルスの感染が広がることを言う。

2月4日段階で、このウイルス感染はすでに26カ国で確認されている。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の前ディレクター、トーマス・フリーデン博士は、「ウイルスはいよいよ封じ込められなくなりそうだ。だから、インフルエンザや他の微生物のように感染が拡大するだろう。」と述べている。

WHOは、中国への渡航制限や物流の規制はいらないとしているが、中国ベッタリのWHOの言うことをまともに信じるほうが間違っているだろう。

アメリカは、新型コロナウイルスがパンデミックになることを想定した段階にフェーズを変えた。

こうしたウイルス検査については、通常であれば分析ためにCDCに対して検体を送る必要があるが、今回の新型コロナウイルスの検査については緊急事態であるがゆえに、各地の病院や医療当局がCDCに検体を送らずにそれぞれで検査を行い、判定できるようにするとしている。

対応を迅速化する必要があるからだ。

さらにアメリカは、新型コロナウイルスの対策コストとして、2億5000万ドル近い緊急予算を用意することにした。

日本ではパンデミックになる可能性もあるとの想定のもとで、対策を打っているとはとても言えない。

すでにアメリカよりも深刻さのレベルが高いにもかかわらず、アメリカよりも2歩も3歩も遅れた対応を取っているのではないだろうか。

この件についても、首相官邸に、みんなで意見を送ろうではないか。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-03/Q5588VT0AFB501?srnd=cojp-v2
ネタ元となるYahoo Newsの記事
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20200204-00161616/
画像は国立感染症研究所のページから
https://www.niid.go.jp/niid/ja/basic-science/virology/9369-2020-virology-s1.html
https://www.niid.go.jp/niid/images/images/nCoV/2019nCoV-200130monos_niid.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガですでに流していた記事を、ブログに再掲載いたしま…

  3. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  4. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  6. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    過剰防衛に走る、中国の建国70周年軍事パレード 厳戒態勢!  (朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    州兵の扱いがひどすぎる! フリリダ知事が激怒!(朝香 豊)
PAGE TOP