外交

北朝鮮船が日本の水産庁船に衝突も船員全員救助! だが…(朝香 豊)

日本のEEZ内である大和堆で北朝鮮の漁船が日本の水産庁の船に衝突してくる事件では、北朝鮮の乗組員60人が海に投げ出されたが、水産庁によって全員救出された。

だが、この乗組員たちは取り調べのために日本に連行されることはなく、別の北朝鮮の船に乗り移って帰国することが許された。

水産庁は、取締りの目的は違法操業をさせないことであり、この処置は通常の対応だという。だが、これは根本的におかしいだろう。

そもそもこの海域での北朝鮮船の違法操業は日常茶飯事になっている。今年だけでもこの水域に入ってきたのべ1016隻にも及ぶ北朝鮮船舶に退去警告を出しているのだ。たまたま出来心でやって来ちゃいましたというのとは、明らかにレベルが違う。

だからこのような寛大な処置では、「これからもどんどんやっても構わないよ」とのメッセージを送っているのと等しいことになる。

さらに北朝鮮は近年、この水域が自国のEEZだと積極的に主張している。この水域に武装高速艇を送り、日本側に「我が国のEEZから直ちに退去せよ」と要求することまで行っている。彼らは「我が国の『専属経済水域』に不法侵入した日本の海上保安庁巡視船と複数の船舶が我が共和国の自衛的措置によって追い出された」との宣伝も行っているのだ。

この状況下では、日本としては我が国のEEZであるということを国際社会に対して明白に印象づけるような処置を当然行うべきだった。

このような処置は絶対に見直さなければならない。

ソースとなった朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/08/2019100880010.html
トップ画像はNHKが使用した水産庁の画像https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/k10012116731000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/K10012116731_1910072344_1910072345_01_02.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

  3. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スリ…

  4. 外交

    中国企業の人工島建設提案をツバルは拒絶! 親台湾姿勢を堅持!(朝香 豊)

    ツバルのコフェ外相は、中国企業から提案された海面上昇に対処する…

  5. 安全保障

    大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 外交

    日本の「戦犯企業」製品の不買条例が、ソウルと釜山で成立!

    ソウル市と釜山市で相次いで、日本企業280社余りを「戦犯企…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    高市早苗氏の当選の流れが見えてきた! 自民党総裁選挙!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    語られない熱海の土石流の原因! 背後に同和あり!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国検察は文在寅派に屈せず、チョ・グク新法相の親族を逮捕! (朝香 豊)
PAGE TOP